自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

カテゴリ:お千代保稲荷( 35 )

寒波

e0074782_21500749.jpg
e0074782_21502022.jpg
この寒波の中、「おちょぼさんにでも行こうか」ということで、家人の、そのお言葉のままおチョボ稲荷を参拝しました。自転車ではなくーー●●車●●ーーです。(解説、この丸は輪が4つということ)(弁明、初詣と称するには時間がたち過ぎていますね)おチョボ稲荷は海抜ゼロメートル地帯にあって西風をもろに受け、寒いことは岐阜県一番??。。それでも参拝する人は大勢いました。商売の神さんだから、なんとかすがりたいと言う、お金に執着する人々が少なからずお見えになるとわけです。(失礼)イヤイヤその勢いが日本を支えているのです。
お参りの後、名物の串カツを食べました。本当なら一杯やりながら食べるというのが「本当」なんですけど、まだAMでしたからやめました。串カツは金色です。どこまでも金にこだわります。
そういえばスケートも金でしたね。


[PR]
by tmshanagn304 | 2018-02-17 22:22 | お千代保稲荷 | Comments(2)

初詣で(番外)

e0074782_20020078.jpg
お千代保稲荷はお稲荷さんで、慣例上赤い鳥居ということですが、写真は赤ですがお千代保稲荷さんではありません。少し離れたところにあるお寺さんです。鳥居か山門か区別が付けにくい入り口。境内を眺めればカネツキ堂があったのでお寺と判断した次第です。大胆なお寺さんですね。
[PR]
by tmshanagn304 | 2018-01-15 20:14 | お千代保稲荷 | Comments(0)

72時間

NHKの72時間という番組でお千代保稲荷が紹介されました.毎月15日、月末は夜遅くまで賑わうお稲荷さんですが、ご利益が多いのか,この頃は毎日が縁日のように混雑しています。NHKが取り上げたのでさらに参拝客は増えるでしょう。一度日銀総裁にもお越しいただきたいものと思っております。お参りすればデフレ脱却間違いなしと言ったところでしょう。
2枚目の写真は名物のひとつ串カツです[黄金色』でございます。
お参りの後、寒い中を日本酒を飲みながら食べるのは極楽気分です。
e0074782_2256266.jpg


e0074782_2256509.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2017-03-05 23:01 | お千代保稲荷 | Comments(2)

1日

毎月1日と15日はお千代保稲荷の縁日です。今日も平日に関わらず大勢の人出でした。
お参りしたからといって、即商売繁盛というわけにはいきませんが、これも定例の行事なので、忘れない限り続けています。
e0074782_20343926.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-09-01 20:34 | お千代保稲荷 | Comments(4)

箱入り

お千代保稲荷のおキツネさんが箱入りになりました。
e0074782_20512484.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-08-01 20:51 | お千代保稲荷 | Comments(3)

くまで

お役御免となった熊手を捨てる?返納?する入れ物です。それぞれに役に立ったのか?それとも立たなかったのか、1年がアッという間に過ぎて行きます。
今年はどんなとしになりますか、参道のお店には大きな熊手が列んでいました。お買い求めの方も多いことでしょう、熊手でご利益を集めるつもりが、「苦まで」拾うことのならないように、程々にしなくてはなりません。
e0074782_18362150.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-01-05 18:39 | お千代保稲荷 | Comments(4)

方向転換

本当は桑名へ行って、海産物など買う予定をしていましたが、途中で気が変ってお千代保稲荷をお参りしました。お千代保稲荷へは少し早い時間に着いたので、それほどの人出はなく、自転車もスムーズに通れました。参拝の後、門前町のはずれで乾物を売る露店のようなそうでないような半端な店で小豆を買いました。北海道産とありました。表示は信じることにします。
その店で、サツマイモを干したものを手に取り「これは中0産か」とたずれるお客さんがあり、店のおじさんは「そうだ」と答えて、ためらうお客さんを眺めて、さらに「そんなこと言っとたら売るもんあらへん」と付け加えました。お客さんは買わずに行ってしまいました。
[PR]
by tmshanagn304 | 2014-12-24 21:13 | お千代保稲荷 | Comments(2)

稲荷猫

お千代保稲荷さんには,所によっては野良猫、あるいは捨て猫、あるいは地域猫とか呼ばれるところの猫がたむろしています。私はこれを稲荷猫と勝手に名付けています。近所の人は「餌をやるな」などと毛嫌いしていますが、本来は捨てた人間側に責任があるのであります。あまり邪険にしないで育てて行けば,この地域の人の心の温かさ、広さが伝わると言うものです。少しお考え頂ければ有り難いです。
e0074782_2074693.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2014-09-02 20:10 | お千代保稲荷 | Comments(2)

散歩コース

往復2時間のお千代保稲荷は調度よい散歩コースです。今日も昼前に一走りしてきました。一昔前のお千代保稲荷は毎月1日と15日以外は閑散としていましたが、この頃は毎日混雑しています。お賽銭も多いようで、その中から(余った分)???が、毎年、地元に1000万円が寄付されます。いくら余っても寄付行為はなかなか出来ないものです。大変立派なことだと思っています。私の賽銭の幾分かがその中に混じり込んでいると思って満足しています。
入り口にある手洗い場のツバメも大きく成長しました。そして新たに子猫もいました。
「みんな元気に育つのですよ」!!と、願わずにはおられません。
ツバメはともかく子猫の先行きが心配です。
「お前が育てたらいいだろう」と言われそうですが、私も年ですからもう若い子に手を出す勇気がありません。
e0074782_21274316.jpg
e0074782_21272711.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2014-06-19 21:31 | お千代保稲荷 | Comments(8)

初詣

この地域の人気初詣で稲荷、お千代保稲荷さんをお参りしました。今日もすごい人気でした。参道のどのお店も満員御礼、入場制限もあるくらいです。しかしながら「例外』はあるもので,これだけの人出ながら元プロ野球選手の始めたお店は誰もより付いていません。(よけいなことでした)
私は駄菓子屋で玄米のポンはぜを買いました。これに牛乳を掛けて食べると身体の調子が良いのです。
お正月も終わり、ぴりっとしなくてはならないのですが、酒にどっぷりとつかって、未だウキウキとしています。ビール,日本酒,ウイスキーの3種混合を戴いて元気いっぱいです??(もう寝ます)
養老山地には西からの雲が寄りかかり、日本海側の気候を覗かせています。幸いに今日は雪は降りませんが,寒い一日でした。
e0074782_2021622.jpg
e0074782_20202188.jpg
e0074782_20204813.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2014-01-11 20:21 | お千代保稲荷 | Comments(0)