自転車で行く小旅行


by tmshanagn304
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:西隣の県( 52 )

しつこいようですが

またまた金剛輪寺のお話で恐縮です。
本堂の一角に写真のような封筒と写経の用紙が置いてありました。お持ち帰り自由ということですが、お経を書いたらこの封筒にて郵送、同時に郵便為替で2000円を送ってくださいとありました。「なるほど」。
これも功徳でございます。書き上げて郵便局へ行ってきました。
e0074782_21493808.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2018-12-05 21:50 | 西隣の県 | Comments(2)

R307

滋賀県内の紅葉の名所として有名な西明寺、金剛輪寺、百済寺は湖東三山と称し名神高速とほぼ並行するような国道307沿いに並んでいます。この3寺は観光案内にも多く掲載されて参拝客も大勢です。この3寺の一番北側の西明寺とさらに少し北にはこれまた地元では有名な多賀大社があります。
その多賀大社と西明寺の間に胡宮(コノミヤ)神社なるものを今回「発見しました」これは新大陸発見と同様驚きでした。金剛輪寺参拝の後、時間があるので「寄ってみるか」ということで、車を止めたのです。あまり人はいないようで、駐車場の広さからして、それほど参拝客は期待されていないようです、止まっている車は5台、そこへ私が止めたので6台です。(10台以下なら勘定ができます)
しかし、境内は広く、紅葉の美しさにはびっくりしました。まさしく血染めの紅葉でした。金剛輪寺に負けず劣らずです。それなのにあまり人が来ないというのは面白いですね。国宝などのポイントがない??宣伝が足りない??湖東三山と、多賀大社の間で埋もれているというのがもったいない感じです。
写真は胡宮神社の境内です。
e0074782_21492453.jpg

e0074782_21505624.jpg

e0074782_21521552.jpg


[PR]
by tmshanagn304 | 2018-12-04 21:54 | 西隣の県 | Comments(4)

金剛輪寺

滋賀県湖東三山の一寺、天台宗金剛輪寺を参拝というか、紅葉見学のドライブ小旅行でした。
紅葉もさることながら、本堂は国宝で立派なもんでした。国宝でも内部に入れるというところが良かったです。本堂までは500メートルの登り坂。適度の運動にもなりました。本堂ではこの寺は「観音様が御本尊です」「観音様はどこにでも姿を変えていらっしゃいます」「紅葉の姿でみなさんを迎えているのも観音様です」「奥さんの愚痴を横で聞くご主人も観音様です」などとスピーカーから流れていました。聴きながら私も観音様であることに気がつきました。ならば今から観音様であることを意識していこうと決心しました。「我輩は観音様であるぞよ」ドヒャ!!
京都の伏見稲荷では赤い鳥居が並んでいますが、ここの参道には小さなお地蔵さん(お地蔵さんではなくその他の仏さんかも、、)が並んでいました。先祖供養のため、水子供養のため、それぞれの思いが込められています。
私はこの仏さんをを写そうとして1歩ふみ出したところで、つまずいて転んでしまいました。はずみで仏さんの一つをひっくり返してしまいました!!罰当たり!!!すかさず起こして何事もなかったようにその場をさりました。観音様ですから許してちょうでえ、、。
山門には「わけいりし 佛の恵み 松の峰 嵐も法の 聲がとぞきく」とありました。
なるほど!!転んだのも佛の聲でございますぞな、、、。南無阿弥陀仏、、。
e0074782_22000426.jpg

e0074782_22020386.jpg

e0074782_22052679.jpg







[PR]
by tmshanagn304 | 2018-12-02 22:05 | 西隣の県 | Comments(4)

醒ケ井

世間の紅葉状況の視察のため、お隣滋賀県の醒ケ井養鱒場まで行ってきました。今日の予報では、「弱い西風」ということですが、自転車で西を向けば「強烈な向かい風」のように感じてしまうのです。しかも上り坂、約40キロのこの目的地まで休憩に次ぐ休憩を繰り返し3時間もかかってしまいました。
醒ケ井養鱒場はビワマスの増殖を目的に明治11年に設立された滋賀県の施設です。ここではビワマス以外にもアマゴ、イワナ、珍しいところでチョウザメも飼育されています。また同時に桜、もみじなども綺麗でその点からも観光スポットになっております。
写真をご覧いただければおおよその紅葉状態はお分かりいただけるかと思います。
e0074782_22184174.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2018-11-13 22:26 | 西隣の県 | Comments(2)

中山道余談

滋賀県内、旧中山道番場宿。
「おっかさん!忠太郎でござんす」
e0074782_21202011.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2018-07-10 21:21 | 西隣の県 | Comments(2)

彦根

久しぶりで旧中山道経由で彦根へ行きました。
平日ですが、流石に彦根、観光客は多かったです。彦根城はいつ見ても格好いいです。
城の周りをぐるっと回って、琵琶湖に出て、そこでお昼を食べました。琵琶湖を眺めながら食べる弁当は美味しいですね。湖と雖も、小規模ながら波も打ち寄せます。ザザザザザザああああ〜〜、、、、、。なんと心地よいことでしょう、、。
彦根城はこの湖も「堀」とみなしています。確かにこっちから攻めるのは船をたくさん用意しなくてはなりません。(面倒じゃ)しかし、それだけでなく東側も西側も大きな堀があって、攻撃するのは面倒な感じですが、どこから眺めてもまた美しいです。この近代の軍事施設が今日も人々を魅了すのはなんでしょう。
彦根城に限らず、どこかの町では、戦災で燃えた天守を当時のように「木造で造りてえ〜」などといっておられます。城はその町の観光のポイントです。

e0074782_21462045.jpg

e0074782_21471788.jpg



[PR]
by tmshanagn304 | 2018-07-09 21:47 | 西隣の県 | Comments(2)

再び沖島

e0074782_20055972.jpg
沖島には猫が沢山いました。[野良猫に餌をやらないで下さい」と案内にありました。
あまり人懐っこくはありませんが,それでも釣り客が竿を引き上げると,サ〜とよって来ます。
この猫、華ちゃんによく似ています。

[PR]
by tmshanagn304 | 2017-06-01 20:12 | 西隣の県 | Comments(3)

沖島(2)

e0074782_22025461.jpg
沖島では道路が狭く、1台の車も見かけませんでしたが、漁船は立派なものばかりだったように思いました。漁業への力の入れようが感じられ、びわ湖がそれだけ恵まれた湖であるということを証明しています。そういえば岐阜県の川に放流する稚鮎もびわ湖から買っているとニュースで言っていました。

[PR]
by tmshanagn304 | 2017-05-30 22:18 | 西隣の県 | Comments(2)

沖島

e0074782_21131531.jpg
最近、九州方面で有名になった沖の島ではありません。びわ湖に浮かぶ小さな島の名前です。「おきしま」といい、しかもそこに人が住んでいるということです。
湖の島に人が住んでいるというのは大変珍しいことのようで[どんな島なんだろうか」と興味津々。短い時間でしたが見学しました。
島へは連絡船が1時間に1本ぐらいあります.片道500円。約10分。ふたりのお年寄りが動かしていました。
島には平地らしいものが殆どありません。海と山との隙間にしがみついて家が並んでいる状態です.従って道路も極端に狭いです。車は1台もなかったように思います。それでも小学校はありました。漁船が沢山停泊していたので,漁業は盛んのようです。鳶の声が聞こえるだけで,島は静寂そのものです。

[PR]
by tmshanagn304 | 2017-05-29 21:48 | 西隣の県 | Comments(4)

長浜

その昔,秀吉が赴任して、今浜を長浜としたところです。
琵琶湖沿岸に立派なお城がありますが,これは秀吉が建てたものではありません.建てたのは長浜市か滋賀県です。秀吉が建てた長浜城はその後,彦根城建設に際し、石垣とか材木など,そちらの方に運ばれたと言うことです。秀吉も一生懸命働きましたが、その成果は全て家康さんが持っていきました。
e0074782_203837.jpg
e0074782_20374710.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-06-21 20:39 | 西隣の県 | Comments(4)