自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

駅前商店街のお祭り

ペンシルバニア大道りより少し狭いだけの大垣駅前通りを歩行者天国にしての夏祭りです。この商店街は、パリのシャンゼリゼ、東京の銀座と並び世界の3大商店街の一つに数えられる事を夢見ながら皆さん頑張っておられるのです???
e0074782_22213374.jpg

これはグラスの中に硬貨が入っていてその合計金額を当てる企画です。応募者多数!!
e0074782_22254088.jpg

[PR]
# by tmshanagn304 | 2006-08-07 22:26 | 大垣の祭り | Comments(6)

IT企業集団の夏祭り

日頃は難しい?お固い?といったイメージのIT関連の企業団地(ソフトピアジャパン)で開催された夏祭りです。勿論一般に解放され御近所の皆さんも参加OKなのですが、時間的に早かったためか、主催企業の社員さんが目だちました。ビール、いか焼き、枝豆などのバザーは商店街の夏祭りと同じですが、現金販売はなし、まずチケットを買わなくてはならないところがIT企業の祭りらしいところです??バザー担当の人の中にはプロの露店商並みにハマっている人もいました。又会社の仕事の延長のような人もいました。このチケットを大量にお買いになったのか、ビールやつまみをまとめて「我が社方面」へ運んでいく人が何人もいました。おそらく仕事で手が離せない人のためにでしょう。
お仕事が終わった人は、ビール片手にお話しが弾んでいました。「今度べ−エム買ったあ」。景気のいい事です。中にはこういったお祭りがお好きではない人もお見えのようで、「そんな不機嫌な顔するな〜〜」と同僚にたしなめられていました。20年前の私を見るようでした。
e0074782_22441957.jpg

ステージではこれから何かが始まるようでしたが、ウチの奥さんが「帰りにスを買って来てくれ」と電話して来たので、見ないで帰る事にしました。
e0074782_22511980.jpg

チケットを売っていたお二人です。後ろのお子さんは、この方の年の離れた弟さん?
私もチケット経由でビールと枝豆を買いました。
e0074782_2255172.jpg

[PR]
# by tmshanagn304 | 2006-08-06 22:58 | 大垣の祭り | Comments(6)

 今須(4)妙応寺

明治以前の妙応寺は中山道から参道づたいに来ると、この石碑が目に止まり、馬、駕篭の人は降りてお参りしたものと思われます。この石碑が造られたのはおそらく1700年代、或いは1800年代の初期(全くのしろうと判断)
e0074782_2262961.jpg

しかし、以後の時代はその指示を全く無視しました。二つのミニトンネルのような穴を御覧ください。向こう側のアーチトンネルはJR.手前のコンクリートむき出し穴トンネルはR21の下になります。とくにJRは初期のころから拡幅された形跡があり、この妙応寺の鼻先を走っています。R21の通行量もバカにはなりません。そしてこの二つの幹線は「下乗」の石碑と山門との間にあるのです。又、中山道からの参道がどこかに通じる道路でもあるようで、ダンプを始め、乗用車等が頻繁にとおりぬけます。「下乗」の石碑は虚しく泣きながら建っているようでした。せめて私だけはと思い、降りて自転車を引張って山門まで行きました。
e0074782_2231125.jpg

[PR]
# by tmshanagn304 | 2006-08-05 22:35 | 中山道(今須宿) | Comments(4)

今須(3)

きれいなお寺です。案内版によると、妙応寺。136〇年の創建。曹洞宗。寄進により石高を増やす。徳川政権下では20石を安堵。明治まで続いた。とありました。屋根の勾配、形と壁面のバランスがきれいだと思います。白と黒とのコントラストもいいです。
e0074782_22424915.jpg

山門の横にある櫓です。建物の意味合いは勉強不足で分かりません。
画面右の草はJRの土盛りに生えた草です。敷地のはなっつらのところを線路が通ってしまったのです。
e0074782_2246441.jpg

[PR]
# by tmshanagn304 | 2006-08-04 22:48 | 中山道(今須宿) | Comments(4)

今須(2)問屋場

荷物や馬などの継ぎ立てをしていた問屋場の一つ、山崎家です。案内板に寄りますと、『この宿には一時、7軒もの問屋場があった。めずらしいことである。(この宿で)当時のまま残っているのはここだけです。』大凡そのような事が書いてありました。今須は東西交通だけでなく、伊勢路を通っての南からの荷駄の継ぎ立てもしましたから、繁昌したのでしょう。
余談ながら、伊勢方面からの京都方面への荷駄は本来、今須の南、牧田から関ヶ原宿へ運ぶ事になっていましたが、道が比較的平坦、近い、駄賃が安いなどの理由により今須宿に運ばれてしまった。それが為に関ヶ原と今須にはトラブルがつづいたようです。
e0074782_22125622.jpg

街並の保存、或いは雰囲気を壊さないようにとの配慮からこのような交番になったものと思われます。おみやげやさんかと思いました。
e0074782_2217652.jpg

[PR]
# by tmshanagn304 | 2006-08-03 22:18 | 中山道(今須宿) | Comments(2)

今須(1)

関ヶ原の西、今須宿です。(現在は関ヶ原町の一部)大垣、垂井からは遠く、関ヶ原のように高速道路のインターチェンジもなく、失礼ながら産業的発展から、いささか遅れをとった感を否めないところですが、それだけに往時の面影を随所に見る事が出来るのです。
e0074782_2211177.jpg

この案内に寄りますと、京都の何とかという商人が大切な荷物をなくした。ところが一生懸命祈ったら見つかった。その御礼にこの常夜灯を寄付したと書いてありました。その商人の名前も書いてありましたが忘れました。写真を拡大すれば分かるだろうと思いましたが、解像力不足でした。
これだけのモノを寄付されたわけですから、相当大切なものだったのでしょう。しかもそれが見つかるというところが、当時の治安はよかった。
e0074782_22222960.jpg

[PR]
# by tmshanagn304 | 2006-08-02 22:25 | 中山道(今須宿) | Comments(7)

古典的産業

全くの零細企業の製品ながら全国の8割のシェアを占めるものが大垣にあります。それがこれです。えっ!今でも使うの?と言わないで下さいね。記念品とか、お祝い事などに使われるようです。
e0074782_22243865.jpg

売れなくなったら、その道から早く撤退するのは商売のあり方でしょう。しかし少しでも需要があれば最後までつくり続けるのも一つの生き方です。
[PR]
# by tmshanagn304 | 2006-08-01 22:30 | きまぐれに | Comments(9)

東証1部上場企業(4)

すみません。もう1社を御紹介するのを失念致しておりました。
太平洋工業さんです。
自動車のタイヤのバルブの他、よく分かりませんが、車などに関連した部品を製造されています。昔むかしのその昔、昭和32年、小学生時代に、社会見学でこの会社を訪問した事がありました。そのときサンプルのバルブを頂いましたが、小さなものを造るから、会社も小さいのかなあと子供らしく思ったりしました。しかし、その後の車の市場拡大で、会社は見る見るウチに大企業。今年になってからも工場を建設していらっしゃるとか。すばらしいです。
e0074782_21334565.jpg

因に社長さんは3代目だったかな?4代目かな?まだお若いですよ。
e0074782_2135479.jpg

[PR]
# by tmshanagn304 | 2006-07-31 21:40 | 大垣散歩(あちこち | Comments(12)

花火大会

夏恒例の花火大会が揖斐川の河原で行われました。それぞれ思い思いの場所を陣取って、ビールを飲みながらながめる花火は何と気分のいいことでしょうか。全く平和な気分です。セント何とかカントかという大きな犬をつれて見ている初老の夫婦がありました。小さいお孫さんをつれて見ているおじいさんもいました。浴衣を着た若いカップルもいました。極楽、極楽。ただ車を道路へ止めていた人は、パトカーにしかられていました。花火見物は自転車に乗って行きましょう。
e0074782_22453718.jpg
e0074782_2245489.jpg

[PR]
# by tmshanagn304 | 2006-07-29 22:48 | 大垣散歩(あちこち | Comments(5)

東証1部上場企業(3)

都市対抗野球のお話しから成りゆき上、上場企業を御紹介しましたので、その他の上場企業を御紹介します。
この建物は大垣共立銀行です。ここの頭取さんは、支店長を一般から公募するなどユニークなことを考える人で、ある人の話しでは、地銀の頭取でありながら、「東京でも有名な人です」とのことでした。
e0074782_18481866.jpg

[PR]
# by tmshanagn304 | 2006-07-27 18:54 | 大垣散歩(あちこち | Comments(6)