自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2016年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

運転免許

運転免許と言えば自動車の運転免許を指すことが自然で,それほど自動車の運転が日常に行き渡っているということです。ところが、これもこの頃の高齢者の運転となると問題があるようで、2日程前も86歳が死亡事故を起こして小学生のお子さんがなくなったというニュースが流れたばかりです。亡くなられたお子さんと、そのご家族には何といっていいのか慰める言葉もありません。当の86歳は[何も覚えていない」と言うことらしいので、怒りのもって行き場がないと言うか,これが車社会の現状なんだと思うわけです。しかし、このような事故は人ごとにあらず。私も既に老人の仲間入り。免許更新の為の「高齢者講習』を受けナイト,免許の更新ができない年齢域だったのです。
1ヶ月程前に受講の予約をしたところ、¥5600、運転免許証、印鑑、筆記具を持参の上、運転のできる服装で会場(自動車学校)へ予約時間の20分前に来るようにと、先週の金曜には確認の電話まで頂いて親切この上ないことです。相手が年寄りですから懇切丁寧,念には念を入れないと「忘れていた」という人がいないとは限りません。これも尤もなことで、このことからも私は歳をとったことを認識出来るわけです。
実際に自動車学校内のコースを走り,視力検査、物事への反応時間など若い時から鈍いと言われた能力はさらに衰えていることもハッキリと示されました。
e0074782_2194958.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-10-31 21:11 | きまぐれに | Comments(4)

大根

「関白」という品種、それほど長くはならないと思っていましたが、収穫の時期が遅れた為か想定外に長くなっていました。ドテェッと想像以上の重さです。
e0074782_2046140.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-10-29 20:46 | 農作業 | Comments(0)

米を頂いたので近所にあるコイン精米機を利用しました。
こういった機械がないときはどうやっていたんでしょうかねえ〜
e0074782_19405541.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-10-28 19:41 | きまぐれに | Comments(0)

ちーこ

この頃,この方は玄関先で我が家の長男の帰宅を待っています。車の音も聞き分けます。帰ってくるとだだだ〜と走って行って出迎えて,忠犬ネコぶりを発揮しています。
長男が帰って来るまでは,間に合わせに私にすり寄って夕飯を要求します。
e0074782_21321782.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-10-27 21:32 | ネコ(華ちゃん) | Comments(6)

夏野菜

オクラ,ナスなど,夏野菜が終わりました。次は空豆とかタマネギの植え付けが待っています。
次から次へと野菜づくりは忙しいです。
e0074782_20391782.jpg

晴天だった日中から夕方は危ない空模様。夜は少し激しい雨になりました。
e0074782_2041485.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-10-26 20:41 | 農作業 | Comments(4)

雨天

午後から降る予報でしたが、朝から降り始めて軟禁状態の一日でした。
コーヒーを4回飲んで,饅頭を1こ,煎餅を1枚、お茶を2杯、うたた寝3回,テレビ鑑賞2時間、
本日はこれにて終了。
[PR]
by tmshanagn304 | 2016-10-25 20:33 | きまぐれに | Comments(2)

西風

今朝の天気予報では「風は弱い」ということだったので、関ヶ原方面をめざしましたがとんでもないことで、市街地ではそれほどではないにしろ,郊外に出ると、びゅーびゅー、養老山地,伊吹山から吹き下ろす西風は半端ではありませんでした。これからの季節,西行きは例外的なことを除いて禁止とせねばなりません。
e0074782_20453297.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-10-24 20:46 | きまぐれに | Comments(2)

農業フェスティバル

毎年恒例の岐阜県農業フェスティバルを見学しました。
大勢の人出で、食べ物への関心はすごいです。知事さんは開会のご挨拶で飛騨牛を宣伝しておられました。海外での飛騨牛の評価が高いとのことです。わたしは「おこめのたまご」というチラシを貰いその説明を受けました。お米の卵とは飼料用の米を餌にしてできた卵です。
飼料自給率の向上
休耕田の解消
地域の景観保全
堆肥投入を促進した資源循環型農業
県内の飼料で生産された安全安心な畜産物の提供をメリットとして普及に努めておられるとのことでした。
e0074782_2115965.jpg
e0074782_2114661.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-10-22 21:02 | きまぐれに | Comments(0)

深まりゆく秋

ススキが光りに映えて秋深し。
一時期はセイタカアワダチソウに押されて命運は尽きたかに思われたススキも,このところその勢力を盛り返し、ここ,杭瀬川堤防もススキの復興で秋本来の風景を取り戻しています。気温もそれらしくなって夜になると半袖ではさすがに涼しいです。
飛騨方面では紅葉が始まってホワイトロード(白山)では「今が見頃」とラジオで盛んに訴えていました。紅葉前線はすぐに南下、濃尾平野もすぐ後を追うことになるでしょう。
e0074782_21451326.jpg
e0074782_21445739.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-10-21 21:50 | 杭瀬川 | Comments(2)

トンネル

季節外れの暖かさで畑ではバッタが大暴れ、親子で飛び跳ねて小松菜はスジだけが残るのみで,撒き直しです。さらに大根まで食い荒らしています。これには我慢がならず,見つけ次第ひねり潰しています。青虫も頑張っていますが,用水路に捨ててザリガニの餌に提供しています.(残忍)(南無阿弥陀仏)これではこの先白菜などの生育が案じられ,防虫ネットをかけました。
[PR]
by tmshanagn304 | 2016-10-20 21:21 | 農作業 | Comments(0)