自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2015年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

秋風

このところ大垣は西風が強い日が続きます。強いといっても市内中心部ではそれほど感じませんが、少し郊外、西へ行くと、そこは渦巻く強風地帯です(少しオーバー)。杭瀬川の堤防はそれを遮るものはなく、自転車で走れば、(ウオーキングの場合も同じですが)もろに自然の脅威にさらされるのです(大分オーバー)
そんな中、この川沿いにある特別支援学校の生徒さんが、先生に付き添われて田んぼの中をランニングしていました。走ることを嫌がるそぶりをする生徒さんもいましたが、大凡は元気に走っていました。
どの行政範囲から受け入れているかは知りませんが、大勢の生徒さんでした。ざっと100人ぐらいかな、、。支援を受けなければならないお子さんが、これほどの人数とは驚きです。
彼岸花は盛りを過ぎ、少しずつ秋は深まります。
e0074782_21575111.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-09-30 22:04 | 杭瀬川 | Comments(4)

東海環状

愛知、岐阜、三重をぐるっと囲むように予定された東海環状自動車道の工事が着々と進んでいます。あれば便利でしょうが、この道路が本当に必要なのか、節約主義の私から見れば、費用対効果を考えて、若干の疑問を感じるところです。
e0074782_21561781.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-09-29 21:57 | 大垣散歩(あちこち | Comments(0)

西風

母方の祖父母の墓参りをしました。墓のある養老山麓は大垣から西になります。山麓に近づくに従って強くなる向かい風は厳しかったです。風力としてはそれほどでもないですが、そこへ自転車で立ち向かう場合はやはりキツいです。墓参りを済ませてから、山沿いに関ヶ原までほぼ北向きに走ることになりますが、山間に吹き降りる風はミキサーの中にいるような感じで疲れました。関ヶ原古戦場方面を廻って帰ろうかと思っていましたが、中止して関ヶ原駅前からR21で帰宅でした。(読んで頂いても古戦場が遠いのか、関ヶ原駅が近いのか分からないと思いますがごめんなさい)途中R21に出る前に新しい案内板を見つけました。
e0074782_22431433.jpg
「九里半』とは4.5里ということではありません。伊勢から揖斐川を上り、養老の船附からて関ヶ原へと抜ける街道が九里半だったのでそう呼ばれました。伊勢方面からの荷物はここを通り、関西、北陸に運ばれました。
案内板の後ろに石碑がありましたが、書いてある文字は全く崩れて読めませんでした。石ももろいものです。
[PR]
by tmshanagn304 | 2015-09-28 22:54 | 中山道(関ヶ原) | Comments(0)

関ヶ原山荘

この季節、毎年恒例の栗きんとんづくりの為、お友達の別荘にお招き頂きます。
大勢が集まって、がやがやお話しするのはとても楽しいです。
中でも、ある製菓会社にお勤めの若いエンゼルちゃんとお会い出来たことは無上の喜びです。
e0074782_21544883.jpg
e0074782_215493.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-09-27 21:55 | 中山道(関ヶ原) | Comments(0)

晴天なれど

本日晴天なれど、孫どもが来て、それに振り回されました。毎週土曜日の慣習です。
夕方帰って行くまでお守りの一日でございます。オクラ、ネギ、サラダ菜、じゃがいも、ゴーヤ、などお土産を用意せねばなりません。お帰りになった後、わたしはそれから畑へ行きました。また次のお土産をつくるためでございます。
e0074782_2133077.jpg

この方はテーブルの上でお休みです。
e0074782_2174787.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-09-26 21:12 | きまぐれに | Comments(2)

雨天

昼過ぎに少しの止み間はありましたが、ほぼ一日中降り続きました。
雑用で小雨の中を1時間ぐらい外に出た以外はテレビ鑑賞でほぼ過ごしました。「今日の健康」の他、午前中はそんなたぐいの中高年番組をみて、午後は鶴田真由のキューバ旅行。14:00からの高校講座はおもしろい。特に地理が気に入っています。
夕方、パソコンに向かうと、この方がキーボードを占拠なさるのでやっかいです。
e0074782_22231636.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-09-25 22:24 | きまぐれに | Comments(2)

岩村(2)

岩村は譜代大名の地である為に、大垣同様、明治期は政治に大きく参加することは出来ませんでした。案内に依ると、そこで能力のある方は学問で身を立てる方向に進んだとありました。
下田歌子という方をご存知でしょうか、、。この岩村のご出身だそうです。その他にも東大教授だとか書いてありましたが、それよりも五平餅は美味しかったです。
e0074782_20505966.jpg
e0074782_20503560.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-09-24 20:51 | 中山道(大垣から東) | Comments(0)

岩村

岩村は中山道からは少し離れますが、江戸時代にはやはり譜代大名が統治した重要な地域です。
城下は今も当時の面影を残し、山村の風情が充分です。お城は海抜717メートル、石垣だけが残って「荒城の月」の雰囲気です。もうすぐ中秋の名月、ここで酒を酌み交わしたら最高です。
e0074782_2172885.jpg
e0074782_2181470.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-09-22 21:08 | 中山道(大垣から東) | Comments(4)

国旗

あちらこちらで国旗を拝見しました。
敬老の日でしたかねえ〜〜本来は9月15日であったものが都合により第3月曜に変更されたものです。これで9月にも連休が出来て、日頃お仕事でお忙しい方々も骨休めが出来ると言うものです。毎日が骨休めの私もさらなる骨休めということで、ドライブなんぞを楽しもうかと考えています。(家人も一緒なんで自転車は乗れません)
e0074782_2042312.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-09-21 20:42 | きまぐれに | Comments(0)

関ヶ原山荘

愛知県から自転車のお友達Aさんが遊びにきてくれました。「関ヶ原へ行こう」ということで、西風(向かい風)が強い中、お供させて頂きました。彼は同い年で身長も同じですが、私より足が5センチも長いのです。その体型の違いが坂を上る時もろに顕われて、じわじわと差がついていきました。仕方がないことでゴザンすが、私のこれまでの人生を象徴するかのような光景でした。
関ヶ原ではお友達Bの山荘に立ち寄りました。お友達Bはちょうど庭の栗を拾い集めたところでした。それを戴いてきたことは言うまでもありません。3年は我慢してもっと努力せよという尊い教えを含蓄した栗です???
e0074782_23183419.jpg
e0074782_23181878.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-09-20 23:20 | 中山道(関ヶ原) | Comments(2)