自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2015年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

金沢(2)海鮮丼

尾山神社を出たところで「正直な海鮮丼」を堂々と売りにしている和食のお店がありました。
近江町市場のレストランでは,この時間、大凡『行列』で30分は待たねばならないことを予想して、この正直なお店でお昼を食べることにしました。
この店の正直とは、石川県ではウニやいくらは捕れないので使わない、目の前の海から捕れたものだけをお出ししますということで、誠にごもっともなお考えであります。そのお考えの元で出てきた海鮮丼が下の写真です。
e0074782_21123925.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-08-31 21:14 | きまぐれに | Comments(2)

金沢

18きっぷを使って金沢へ行ってきました。家人も一緒です。18きっぷを使って日帰りをする場合、大垣から金沢は最長ルートのひとつだと思っています。片道、約4時間、金沢で5時間、帰りに又4時間。早朝5:56の電車で,金沢着が9:58でした。帰りは15:00発で大垣着は19:20?頃でした。
ひどい雨降りでしたが旅行は楽しいです。金沢は新幹線開通と相まって,賑わっていました。武家屋敷で一緒になった3人家族は横浜から来たと言っていました。
e0074782_21522144.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-08-30 21:59 | きまぐれに | Comments(4)

回収

昨日、岐阜に置き去りにしてきた自転車を取りに行って来ました。
安全のため、駐輪場のなるべく目立たない奥の方、既に持ち主がいるか疑わしい埃まみれの自転車の列に紛れ込ませておいたのですが、やはり心配なもんで、雨が止むのを待って取りに行ったのです。
私の自転車は掃き溜めにツル状態でここで一夜を過ごしました。
「オー無事じゃったか、,迎えにきたぞ」!ということで、一日ぶりに愛車と再会出来たのであります。
それにしても,あの埃だらけの自転車は気の毒ですね。手入れをすればちゃんと乗れるものを、ものは大切に使って戴きたいです。
e0074782_20315287.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-08-29 20:40 | 自転車 | Comments(4)

空は晴れていた

所要があって朝早く岐阜へ出かけました。最高気温は29度の予報。快晴でした。ところが用件を済ませて外に出れば雨が降っているではありませんか!!しかもシトシトではなく普通に強く雨粒が落ちています。これでは自転車を使えないので、やむを得ず電車で帰ることにしました、岐阜駅まで徒歩5分、そしてJR,大垣駅からバス。(1時間に1〜2本のバスに運良く待たずに乗れました)バス停から自宅まで徒歩5分。所要時間は合計約40分。自転車よりは少し速かったですが、大垣駅でバスを待たされたら自転車とどっこいどっこいになるところです。
[PR]
by tmshanagn304 | 2015-08-28 21:34 | 岐阜 | Comments(0)

大井宿

中山道大井宿(恵那市)に着きました。
大井宿は中津川に比べて少し荒れているというか、旧宿場が雑に扱われている感じがしました。一応「広重美術館」なるものもあって、中山道の宿場として発展したことは認識しているフウではありますが、東から宿場への入り口が新しい道路に惑わされ今ひとつ分かりにくいものになっています。その他の案内にも、「ことについでに書いておきます」というような雰囲気で、本気さが出ていません。
駅前の商店街も中津川のお店には落ち着きがありましたが、ここではそれが希薄のように思いました。何か買いたいというお店が見つかりません。それでもこの地に足を踏み入れて素通りではタタリがあるかもしれない、、などと強迫観念により、恵那が発祥のスーパー、バローで大判焼きを2個買いました。それをリックに入れたので,背中が熱くなってしまいました。カチカチ山です。恵那にケチを付けたので罰が当たったか??
e0074782_2122267.jpg
e0074782_2122784.jpg
e0074782_212130100.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-08-27 21:35 | 中山道(大垣から東) | Comments(2)

中津川宿

中山道の道ばたに馬頭観音なる物がありました。詳しい案内もありました。それに寄ると、地域の篤志家に因って建立されたのは大正14年とあります。明治元年から60年近くも後のことであります。「旅人の安全を願って」ともありました。この時期この道路はまだ主要な幹線道路だったのです。
振り返ってみれば、交通インフラが大きく変ったのは昭和30年代になってからのことです。名神高速、新幹線、東名高速、瀬戸大橋、などなど昭和の後半の整備に因るものです。それまではこのような旧街道がそれまでと変ることなく主要な道路だったことを改めて認識しました。
e0074782_21101071.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-08-26 21:11 | 中山道(大垣から東) | Comments(4)

中津川宿

旧中山道、中津川宿から大井宿(恵那市)までを走りました。この間は木曽路なのか美濃路なのか判然としないところもありますが、「岐阜県内」ということにこだわれば美濃路であります。しかし藤村の夜明け前「木曽路は全て山の中」ということに従えば,この区間は木曽路です。特に山の中とは思いませんが、平地というか、全般に水平な道路ではありません。絶えず上るか下る激しい状況です。距離からすれば1時間ぐらいで走れると思っていましたが,途中、昼食休憩を挟んで2時間もかかってしまいました。
途中、中央高速の中津川インターチェンジの周りで,旧中山道はむちゃくちゃに壊されていましたが、その他の地域はほとんどそのまま残されていて、分かりやすく大井宿まで走ることが出来ました。
最初の写真は何とかの1里塚です。植えてある木は恐らく昭和の物。江戸を継承されていることは旅人に取って嬉しいです。
e0074782_2048189.jpg
e0074782_20474284.jpg
e0074782_2047294.jpg

ここからがインターチェンジの範囲で、旧中山道は吸収されています。
e0074782_20522012.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-08-25 20:58 | 中山道(大垣から東) | Comments(2)

JR中央線

本当に久しぶりに名古屋から中央線に乗りました。目的地は中津川市です。10:24名古屋発、それほどの混雑はありませんが、座れないお客さんもそれなりの数です。(自転車を持って乗るには早朝か,通勤時間帯を少し避けたところを選んでいます。)
「何か用事か仕事がある」ような感じの人は大凡名古屋市内の駅,(金山、鶴舞)で降りました。それでも乗っているのは「遊びにいく人」です。勝手に断言!!華やいだ女性グループがいました。静かな女性グループもいました。孫を連れたおばあちゃんもいました。男性グループは見当たりません。その他、テレビで見かける人が一人乗っていました。自然の生活がどうのこうのと言ってる人です。駅に着けば1人が降りてその代わりの人が乗ってくるような状況が続き、恵那駅で華やいだ女性クループは降りました。『恵那峡へでも行くのかな』と余計な想像をしました。そのグループが降りた後の電車は静かになりました。終着、中津川駅では否応無しに乗客みんなが下ろされます。名古屋の最高気温が34度とか予報され堤ましたが,ここはさすがにそこまではなさそうです。駅では親切に年寄りをエレベーターまで案内している人がいました。今日の中津川サイクリングは穏やかな空気と穏やかな光景で始まりました。
駅前の道路が山に突き進んでいる様子は木曽路を象徴するかのようで,低地に住む私にとっては新鮮です、
e0074782_21285493.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-08-24 21:40 | 中山道(大垣から東) | Comments(0)

花火鑑賞

増水により2週間延期になっていた揖斐川での花火大会が行われました。打ち上げ場所の近くに住む,寿司吉さんの自宅へご招待を受け,盛大な宴会と花火鑑賞会になったわけです。この日、この近辺の家では庭に椅子を列べて,まじめに花火を鑑賞しようとする方々、又はバーベキューセットを持ち出す人などでお祭りの雰囲気になりました。
e0074782_2315053.jpg
e0074782_231382.jpg
e0074782_2311749.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-08-23 23:02 | 揖斐川旅情 | Comments(4)

オイルフェンス

市内のある工場から重油が流れ出て、水門川まで汚染された模様です。工事ミスから200L以上の重油が流れたと報道されています。
オイルフェンスが張られ,吸着シートが並べられました。オイルフェンスは確認した限り上流下流2カ所に設置されていました。ひょっとしたらまだ他の場所にも設置されたかもしれません。このオイルフェンスは,オイルの変形、ペットボトルなどもせき止めるので便利です。この事件が片付いた後もそのままにしてほしいです。
e0074782_2051477.jpg
e0074782_205279.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-08-21 20:06 | 大垣散歩(水門川サイクリング | Comments(0)