自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2015年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

芭蕉記念館

毎月1回開催される何とかバザールです。要するに芭蕉の奥の細道に関わりのある市町村から、大垣にお越し頂いてその産物などを宣伝販売して頂くという試みです。
今月は伊賀上野,福井の敦賀、宮城松島、山形の何とかという町などが出店していました。
折角遠くからお越し頂いているわけですから、今回は松島のカキと、敦賀の落雁を買いました。前回は伊賀上野のせんべいを買いました。来月はヤマガタさのものを買わねば何ベエなあ〜。
e0074782_23381382.jpg
e0074782_2338272.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-02-28 23:42 | 大垣散歩(あちこち | Comments(2)

物産展

岐阜の高島屋さんで飛騨,石川県などの物産展がありました。たまたま戴いた商品券の使い道を求めて十数年ぶりにこの高級デパートを訪れたのであります。飛騨と言えば飛騨牛ですが、「贅沢は敵だ」ということで、もろには買えないので飛騨牛コロッケを買ってごまかしました。その次に、「ウチで作った豆腐です」と言いながら奇麗な女の人が売っていたので買いました、その次に『ウチで作った椎茸です』と若い奇麗な子が売っていたのでこれも買いました。これ以上買ってはいけないと思い、逃げるようにエレベーターに乗りました。
(余談)
ところが沢山買った人は抽選がありまして,その結果下の写真のようなものが当たってしまったのです。
e0074782_20531479.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-02-27 20:54 | きまぐれに | Comments(4)

早春

この2日ほど少し暖かい日が続いたので、梅が咲き始めました。
68年目の春です。平均的に見て,後12回で「さようなら」ということになります。
しかし、平均はあくまでも平均で、そこに到達出来るという保証はありません。
南無阿弥陀仏。
e0074782_20593710.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-02-26 21:00 | 我が家の窓から | Comments(2)

ガード下

JRのガード下です。コンクリートではなく石を積み上げているところ、そしてその色から開業以来のガードと判断しました。明治以来の資産です。
最近,水門川コースの他,大垣市の北部を廻るルートを「開発」しました。約1時間で、車もほとんど通らず、丁度よいサイクリングコースです。
e0074782_2031772.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-02-25 20:03 | 大垣散歩(あちこち | Comments(2)

叶夢(かなむ)

飲み会のお話です。仲良し3人組が岐阜駅に集合。岐阜駅から目下、飲食を中心に成長中の玉宮町通り(--この通りは模範的なまちづくりのひとつとしてお上から表彰を戴いております-)若者向けの魅力的な居酒屋などが列ぶその通りの誘惑を振り切りながら、岐阜歓楽街の古典とも言うべきヤナガセまで足を延ばしたのでございます。
お目当てはこの叶夢という小料理屋さんです。仲間の一人Aが3年ぐらい前に行った事を覚えていて「(あの店に)行こう」となった次第です。
「とりあえずビール」とホッケの開きを注文しました。ホッケは皮を上にしてさらに乗っていました。カワった盛りつけなので、私たちはホッケをひっくり返さねばなりませんでした。それでも味に変化はありません(美味)。その他、出し巻き卵なども特別においしかったですよ。出しまき卵を食べた勢いで店のママさんも巻き込みながら、2合とっくりを次から次へとおかわりして盛り上がりました。そこへ後からやって来たヤナガセ商店街の理事さんが、「さあ,オレのおごりだ,飲め,食べろ」!!と、そこまではおっしゃいませんでしたが、それでもこの店の一押し、山芋のステーキをごちそうしてくれました。さらにママさんまでがお酒を1本サービスしてくれました。ママさんは美人であることにそのとき気づきました。
写真の人はヤナガセの理事さんです。
e0074782_21244660.jpg
e0074782_21241581.jpg
e0074782_21241055.jpg
e0074782_21235546.jpg
e0074782_21232250.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-02-24 21:36 | 岐阜 | Comments(2)

モーニング

朝10:20、ある事のついでに喫茶店に行きました。喫茶店は滅多に行かないので店の事情は良く分かりませんでした。コーヒー(330円)を注文したら、ゆで卵1個,サンドイッチ(たくさん),サラダ(たくさん)がしっかり付いて来ました。これが噂のモーニングであるか,,と感激。住宅街の中のお店で少しレトロ。店内は初老中老のお客さんが占拠。若者は何処にという感じです。
330円では100人来てもたいした儲けにはならないわけで、これは近隣のお年寄りの為のボランティア事業です。
e0074782_22513360.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-02-22 22:51 | きまぐれに | Comments(4)

車窓から

車窓というのは電車の窓ではなく車の窓のことです。岐阜からの帰路、正面に雪をかぶった山が目に入りました。伊吹山ではありません。御在所にしては方向が違います。地図から判断すると滋賀県の霊仙山らしいです。今までこの山には全く気が付きませんでした。山も雪をかぶると又雰囲気が違います。
大垣市は3方を山で囲まれています。囲まれていても濃尾平野は広いです。あの頼朝は山に囲まれて安全だということで鎌倉に住んでいましたが、あんな所までいかなくても,大垣で幕府を開いたら京にも近いし、もっと広い敷地を確保出来たでしょう。そうすれば政子さんも遊ぶところが増えてきっと喜んだに違いありません。
e0074782_20482893.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-02-21 20:51 | R21 | Comments(0)

街道講座

江戸時代の街道についての講座を受講しました。
お話の結果として,歴史の風が伝わって、「講座聞き自転車は街道を駆け巡る」。暖かくなったら、さあ,又歴史を訪ねる自転車旅行を企画せねばなりません。
講座の中味を詳しくお伝え出来るとよいのですが、長くなるので、旅のエピソードをひとつだけ書きます。
江戸時代にはお伊勢参りが盛んになり、その中のあるご一行様の様子がおもしろい、「大坂(昔はこの坂)より若き女伍拾四銘、、歯黒を落として白歯なり、、、衣装は男模様、、、裾高々と引き上げ、、ふんどしをしめ、、、髪は男髷、、道中歌はやしに、、」など勢いのいい女性のグループがあったとか。今も昔も大坂はすごいです。
[PR]
by tmshanagn304 | 2015-02-20 22:32 | きまぐれに | Comments(2)

大安大橋

大垣とお隣の安八町をつなぐ新しい橋が完成しました。
特に用件はなかったのですが見学してきました。この橋の将来の目的は4車線ですが、とりあえず半分の2車線だけつくって使って下さいということです。そこでとりあえず渡ってみたということです。渡る車はキョロキョロしている雰囲気です?地図会社の人も何かを調べていました。信号をいじくっている人もいました。とっても奇麗な橋です。橋脚と橋との接点がこれまでの橋とは違ってゴムのようなものがしいてあります。免震構造でしょうか??
ところで今まで車は増える一方でしたが,今後はどうでしょうか?果たして残り半分をつくる必要に迫られる時代が来るか否や?
e0074782_21183980.jpg

大垣の東側には高い建物,山などはなくこの揖斐川の堤防が最も標高が高い場所です。それで、ここからは大垣市内が一望することが出来ます。
e0074782_21211291.jpg

これはホテルです。屋根を作るお金がなかったわけではありません。かの黒川先生の設計とお聞きしておりますので、なるほどと思わなくてはなりません。
[PR]
by tmshanagn304 | 2015-02-19 21:31 | 揖斐川旅情 | Comments(2)

お通夜

家内が知り合いのお通夜に行きました。
被お通夜人??はまだ61歳を目前にした60歳。月曜日に倒れているところを発見されて、病院へ運ばれましたが,今朝程亡くなったそうです。残念なことですが,この60歳そこそこも危険年齢区域ですね。
(きわめて独断的見解)
今日も寒く風が強かったです。
e0074782_185386.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-02-18 18:54 | きまぐれに | Comments(2)