自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2014年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

農芸店

肥料は苗を売っている「農芸屋』という名のお店です。この頃は園芸が盛んで、この手のお店も多いのですが、どうしても大手のお店がお客を集めてしまいます。その中でこのお店はよく健闘しているように思います。私も普段は資本の大きいところへ吸い寄せられていますが、たまにはと思い立ち寄ってみました。肥料など少々かってきました。
e0074782_21191254.jpg
e0074782_21185578.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2014-02-28 21:20 | きまぐれに | Comments(0)

美濃太田宿(3)

美濃太田宿のその他の写真を掲載します。
太田宿記念館という関所のような門構えの建物の中に、市の保存樹,年代物のケヤキがあって、その周りでは大勢のアマチアカメラマンが三脚を立てていました。このケヤキに集まる野鳥が狙いです。みな年金の限りをつぎ込んだような大きなレンズを付けてまさしくカメラの砲列です。野鳥は思うように撮れないところが面白いかもしれません。
e0074782_21293335.jpg

当時の住宅地図です。
e0074782_21314418.jpg

宿場にそって流れる木曽川です。ドイツのライン川に似ているところから日本ラインと呼ばれています。流れに洗い出された堆積岩に「地球は生きている」を実感出来ます。
e0074782_21325835.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2014-02-27 21:47 | 中山道(大垣から東) | Comments(4)

美濃太田宿(2)

美濃太田宿は馬籠、妻籠のように江戸時代を再現したようなところはありません。それでも当時の面影は充分に残り、むしろ時代の変遷を感じることが出来て、私的には大変気に入りました。宿場の中で街道はカギの手に曲がり、曲がったところに寺を置くなど、武力で治めた徳川の敵を意識した性のようなものを感じ、今から思えば天下を取りながら家康も『何となくあわれ』です。
e0074782_21375368.jpg
e0074782_21372413.jpg
e0074782_21365680.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2014-02-26 21:39 | 中山道(大垣から東) | Comments(2)

美濃太田宿

美濃太田はその昔,尾張藩の領地で、尾張から代官が派遣されていたようです。その代官所後という場所は残っています。(そこはどういうことか個人の駐車場になっています。尾張藩が金に困って払い下げた???)明治の文豪,坪内逍遥はその代官の子供でこの地で生まれました。のちに東京に出た逍遥は晩年に再びこの地を訪れております。その記念に楓の下で撮った写真がありました。美濃太田では逍遥をたいそう誇りにしていますが、三重県生まれ,江戸在住の松尾芭蕉をあたかも大垣の人であるかのごとく、観光の材料に使う大垣市と同様、少々の無理を感じるところです。
e0074782_2049482.jpg
e0074782_204849100.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2014-02-25 20:55 | 中山道(大垣から東) | Comments(2)

木曽川

岐阜街道の木曽大橋を渡ったところから、木曽川に沿って一宮方面へは河川敷に自転車、ウオーキング道路が設置されています。犬山までの10キロぐらいの距離でしょうか、、、?(不確実)歩くにはちょっと長く、自転車では物足りないといったところですが、それでも車のストレスなしで走れるのでありがたいです。自転車の人も歩く人も大勢が利用していました。休んでお酒を酌み交わす中年二人連れがいました。お弁当を食べる単独中年もいました。思い思いに楽しい空間になっています。桜が咲く頃にはもっと大勢の人が利用することでしょう。河川敷の所々には公園があって、ゴルフは禁止と書いてありました。それからゴミを捨てるなとも書いてありました。もっともなところです。又『私たちが木曽川を奇麗にしています」というボランティア団体の掲示板もありました。
話は少し戻って、木曽大橋を渡った近くに、昔ここに『渡し』があったという案内がありました。この近くの何とかさんと何とかさんが信長を助けたとか、家康を助けたとかいうことが縁で明治まで「渡し』を管理運営をしていたとか書いてありました。この木曽大橋もそういった「渡し」の流れをふまえて建設されているのかと、改めて思った次第です。
e0074782_21342020.jpg
e0074782_2134267.jpg
e0074782_21334721.jpg

その途中にある一宮の木曽三川公園です。木曽三川公園は3カ所に分かれていますが、全て国営公園です。
e0074782_21365858.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2014-02-24 21:36 | 中山道(大垣から東) | Comments(4)

コンパクトカメラ

ニコンのクールピックスを使い始めて3年が経過しました。このところズームの動きが鈍い。買い替えるのも勿体ないような気がするのでこのままズームを諦めて使うことにしている。ブログに使うくらいはこれで充分です。ところでこの頃はスマホのカメラ機能が優れているようで、この手のカメラが売れないらしい。これも異業種の参入ということか。カメラメーカーも思わぬ展開になってご苦労なことですが頑張って頂きましょう。
(本当はもう少し大きくとりたかった福寿草と、本当はもう少し小さくとりたかったチーコの顔です)
e0074782_21392753.jpg
e0074782_21392093.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2014-02-23 21:42 | きまぐれに | Comments(3)

かがやきライフ、、、

正確には『「かがやきライフタウン大垣2014」春のつどい』といって、市内の中高年が主になって活動するグループの発表会です。お絵描き,書道,フラダンス、コーラス,その他などなど,合計81の団体が参加しているということです。
オープニングでは高校生のオーケストラの演奏がありました。エルガーの威風堂々を聞かせてくれました。ウインフィルと同様,感動的な演奏でした。その後で市長さんの挨拶がありました。行政に関連したお話を交えながら、修正することなくそのまま印刷原稿になるような整然とした素敵なご挨拶でした。特に「ITの進歩で便利になっているが、便利だから豊かな生活とは限らない」というところが印象的でした。
続いて市議会議長さんが挨拶されましたが内容はありませんでした。しかも演奏した高校名を間違えました。会場から指摘を受けて訂正はしましたが、それについての「お詫び』はありませんでした。
最後に参加団体の代表の方の挨拶は、これを機会に多くの方が新たに参加して頂けると良いと思いますということでした。
発表会場では「里山遊楽園」という活動が面白いと思いました。里山の手入れをして、炭なども造っておられるようです。
e0074782_18201220.jpg

上の写真が市長さんです。
e0074782_1821842.jpg

県立大垣南高等学校のオーケストラです。
e0074782_18221555.jpg

展示作品です。
[PR]
by tmshanagn304 | 2014-02-22 18:35 | きまぐれに | Comments(0)

寒風

今が一年中で最も寒い時期でしょうか、強い西風が冷たいです。自転車のお年寄りなどはこの向かい風の中、チョットした坂も苦痛のようで、降りて引いておられますが、平然として乗ったまま上がっていくおばあさんがいたので驚きました。かなりのご年配だとお見受けしましたが、表情も変えず淡々と漕いでいました。電動付きでもないのにすごいです。
明日は大垣市の元気なお年寄りの、サークル活動の発表会があるのでチョコット見てこようと思います。
e0074782_18254699.jpg
e0074782_18261188.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2014-02-21 18:27 | 大垣散歩(あちこち | Comments(2)

伊吹山

大垣市内,美濃路,久瀬川町付近から眺めた伊吹山です。美濃路からは大凡どの位置からもこの伊吹山を見ることが出来ます。それを意識して道を造ったわけではないでしょうが、よく出来た道路だと思います。江戸時代は高い建物はなく、空気も済んでいたので地域の人も旅人も、今よりきれいな伊吹山を見ることが出来たと思います。現代は便利さを手に入れたかわりに、澄み切った空気、広い空と風景を失っています。どちらが良かったのか分からないです。
e0074782_21254931.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2014-02-19 21:27 | 美濃路 | Comments(2)

ゴミ出し

大垣市の場合、一般のゴミは週2回収集されます。我が住居地では火、金です。そして、ひとつのゴミの重量は10キロに決められています。それ以上の時は二つに分けてそれぞれに配布されたシールを貼らなければなりません。このシールは規定枚数以上は有料です。
ウチの場合,2匹の猫のトイレが負担で、これが結構な重量になります。今朝は念のため秤ました。「秤』というようなものはないので、体重計に私だけが乗って、次にゴミ袋をもってその差を求めるわけです。(大げさな書き方だとお笑いくださいますな。これでも少々アルキメデスを気取っているのです)その結果、ゴミは9.3キロとなりました。ぶら下げてみると9.3キロは結構重いものです。
そこでつらつら思うに、標準体重から9キロ重い人はこの必要のない重さのゴミ脂肪などを抱え込んで動いておられるわけで、心臓の負担などは想像にあまりあるなあ〜〜ということです。心臓はガンバッていますねえ。
私はその9.3キロをゴミの集積所まで、途中決まって放置されている犬のフンを拾いながら捨てにいくのです。ああ重い!!
[PR]
by tmshanagn304 | 2014-02-18 21:19 | きまぐれに | Comments(4)