自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2013年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

香香

香香(シャンシャン)。中国人の方の経営。
最近は大型チェーン店がハバを利かすご時世ですが、このお店はなかなか頑張っています。美味しい.店の人の感じもいい。
この日は同業者の半年に一度の例会です。
写真1)餃子、、写真を撮る前に1個食べた人がいます。
e0074782_1813675.jpg

写真2)南米産???
e0074782_18201488.jpg

写真3)この皿のものはことの他美味しいものでした。いかが?
e0074782_1824665.jpg

メンバーは若い人が多いのでよく食べるしよく飲みます。負けじとばかりに浴びるように飲む中高年のメンバーも一人いました(わたしではありません)
[PR]
by tmshanagn304 | 2013-08-31 18:33 | 大垣散歩(食べ歩き) | Comments(4)

伊勢

思ったより早く伊勢に到着しました。20年ごとの建替えとかで伊勢は賑わっていました。「遷宮』と書いた白い羽織のようなものを来た人が大勢歩いていました。その昔、外宮を訪れたときはやや閑散とした感じを受けましたが、この日はいつもの内宮同様に参拝客でにぎわっていました。若い女の子たちは「面白い、来て良かったね」と会話していました。伊勢となると、伊勢駅にも鳥居が設けてありました。有り難いことです。駅前の赤福のお店はお客さんで混んでいました。私は自転車から離れることが心配だったので、外宮での参拝は入り口で済ませました。そのかわり「伊勢神宮別館」と称する月夜見宮をしっかりと御参りしました。この月夜見宮は少しこじんまりとしてはいますがとても立派なお宮さんで、やはり遷宮は行なわれるようで(今回はない)ミニ伊勢神宮のかたちを整えていました。
外宮の入り口
e0074782_2116852.jpg

伊勢市駅
e0074782_21165476.jpg

月夜見宮
e0074782_21175231.jpg
e0074782_2118318.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2013-08-30 21:24 | 伊勢街道 | Comments(0)

松阪〜伊勢

旧東海道の四日市付近から分離(追分)して、津,鈴鹿、松坂を通り伊勢までの約18里。伊勢参宮街道。
今回、松阪から伊勢まで走りましたがすばらしい街道です。
当初は「松阪,伊勢自転車道」を走る予定でしたが、地図を眺めながら県道428に着目しました。このグニャア〜〜とカーブした道こそ幕府が整備した伊勢街道でした.今日、メイン街道をR23県道37に譲り、ひっそりと余生を過ごすかのような趣は自転車乗りにたまらない魅力です。近隣の車だけで大型は通らない、幅員がないのでそれほどスピードが出せない。信号が驚くほど少ない。まあ、写真をご覧下さい。
e0074782_20253537.jpg
e0074782_20251175.jpg
e0074782_20251410.jpg
e0074782_20245613.jpg
e0074782_2023488.jpg

四日市付近がどんな状態か、是非走ってみたいものと思っております。
[PR]
by tmshanagn304 | 2013-08-28 20:29 | 伊勢街道 | Comments(6)

松阪(2)

松阪の駅前を走り始めた時、最初に気づいたことは道路の舗装が車の重量で変形したままになっていたことです.かなりの痛み具合だと思いますが、この町の財政難を思いました。昨日の写真は市役所です。耐震補強が痛ましい限りですが、これもひとつの構造美かと思わなくもありません。
(我が大垣市の庁舎も耐震補強か、再建かの議論があるようですが参考にするといいかもしれません)
コジンマリとした旧市内で、5分ぐらいでお城の周りは廻れます。御城番屋敷というのがあって、当時の形を残していますが、実際にそこに住んでいる人がいて、現役の住宅になっているというのが驚きでした。
e0074782_2102443.jpg

城下の本町には三井発祥の地として、三井高利の住居が残っています。本居宣長の記念館もあります。この小さな城下町から2人も重要人物を輩出したは、この町の人達の大きな支えになっていることでしょう。
e0074782_21133053.jpg

e0074782_211114.jpg

e0074782_21113765.jpg
e0074782_21115545.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2013-08-27 21:13 | きまぐれに | Comments(4)

松阪

初めて松阪を訪れました。城の石垣がそのまま残っていました。小さな城下町ですが、それなりに地の利を生かし、石垣,城下の町、本居宣長の住まい、三井の生家などよくのこりました。
e0074782_20243223.jpg
e0074782_20233244.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2013-08-26 20:25 | 伊勢街道 | Comments(2)

一房のぶどう

昨年も同じことを書いたように記憶していますが、今年もブドウを買いました。21号線が長良川と交わるところの大きなぶどう農家の直販です。米ぬかなど有機肥料を使い、木酢スなどでの消毒?などで栽培しているとありました。私は化学肥料の即効性など無視は出来ないと考えていますが、この若い篤農家を応援すると言うとおこがましいですが、岐阜からの帰り道、ちょうどよい場所にあるので利用しています。(スーパーより安いというわけではありません)
e0074782_2265674.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2013-08-25 22:09 | 長良川 | Comments(2)

三城(みき)公園

三城(みき)公園にある自噴水の井戸です。
昨日お話しした29インチのMTBを持っていた人と出会ったところで、曜日、昼夜を問わず湧き出ている井戸です。何方でも自由にお使い頂ける水です。取水制限地域の皆様、ごめんなさい。砂漠の人達ごめんなさい。
大垣市民は水に困るということはまず考えたことがありません。「渇水』とはなんぞやと、、、。
このような井戸が市内各所、10個ぐらいはあったと思います。
この五角形は大垣市の市章です。
e0074782_2037323.jpg

三城公園は又、椿の公園でもあります。市民が育てた椿も植えてあります。私が挿し木から育てたものも植えてあります。
e0074782_20412639.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2013-08-24 20:42 | 大垣の公園 | Comments(6)

天気予報

今日の予報は当たったのでしょうか、それとも外れたのでしょうか。
岐阜県美濃地方は昼過ぎには降ってくるという気象庁のお言葉を信じ、午前中に岐阜での用件を半分済ませたところで、ただひたすら帰路に力を入れました。ところが降る様子はありません。(こんなことならもうひとつの用件も済ませる時間はありました)。あまりの力の入れようで水分枯渇、岐阜で120円も出して買った水がなくなり大垣に公園で井戸水をくみました.(ただ、、無料)「水にお金を払うという行為は大垣市民として恥ずかしいことだと常々考えております」。大垣では飲み水は垂れ流しです。(余談)
お昼少し前に大垣市内に帰り、三城(みき)公園の井戸で水を汲んでいたら、一人の男性が話しかけて来ました。体力のありそうな人でした。
その男「先日ここで、豊橋から来たという自転車乗りが水を汲んでいったが、こういう井戸があることをどうして知っとるんやろ」?
私「連絡網はいろいろとありますから、何らかの手段で知ったのでしょう」
その男「そうかな」ところで「おたくさんの自転車はなんやな』
なんやなと言われても何処からお応えして良いのやら、ということで「ブリジストンですよ」その他適当にお応えしましたが、この御仁、29インチのMTBに乗っているとノタマワり、ライトバンの後ろに放り込んだ本体を見せてもらいました。ディスクブレーキがついていると言っていました。何となくニシキヘビを見た時の気分でした。太くてどでかい物体は、「なんじゃこれは」、、、。又変な自転車が出て来ました。...しかし、待てよ、、これは乗り心地は悪くないはずだが、、、試す必要があるかもしれません。
e0074782_216043.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2013-08-23 21:11 | 岐阜 | Comments(8)

南極(2)

8月の気温,岐阜と南極との比較。
南極最低気温-36.4°C
岐阜最低気温 27°C
チョコッと差が付いています。それでもまあこんなものかと思わなくはありません.(エアコンで対応すれば何とかなる)
最大風速
岐阜の場合13メートル(9月)
南極の場合36メートル(7月)この36メートル級の風速が5月から9月にかけて続くというから恐ろしい。台風が毎日やって来るようなもの。雪がまい上がり、視界が利かず外での単独行動が禁止されるということです。この風の中で犠牲になった方が以前お見えになりました。
下水は整備されていて,微生物で分解して償却。灰は日本へ持ち帰る。昔の越冬隊(宗谷の時代)にはそんな設備はなく,そこらへんへぽとん。それはアザラシかペンギンののえさになるので良いのですが,問題は拭いた紙がそのまま残っているので,それも拾って持ち帰るそうです。先輩たちの後始末です。(大学の先生もここではいろんなことをしなくてはなりません)
ところでこの隊員さんは何を目的に南極へ行ったかと言うことですが、それはラドンの量を観察するのだそうです。赤道付近で舞い上がった空気が南極で降りてくる,その中にどれだけのラドンが含まれているか毎日こつこつと観察しておられたということです。「夏の自由研究」みたいですが、このデータが地球の環境変化などを意味してなかなか重要なんですね。
[PR]
by tmshanagn304 | 2013-08-22 21:29 | きまぐれに | Comments(2)

南極

南極のお話を聞きにいきました。講師は元越冬隊員さん。南極では特にRn(ラドン)の観測をされたとか。南極での実生活のお話から観測状況など報道されないことばかりで大変興味あるお話でした。
資料をよく読んでもう少し細かく明日お知らせします。
写真は南極から持ち帰ったざくろ石が混じった変成岩だそうです。ぽこぽこと穴があいたように見えるのは風に依る浸食だそうです。
e0074782_2117377.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2013-08-21 21:17 | きまぐれに | Comments(5)