自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2012年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

たまにはこのネコも

息子夫婦が拾って来ていつの間にか家族の一員になっているネコです(狸ではありません)
華ちゃんに比べるとかわいくはないし、華ちゃんもこのチビ助とは、いつまでたっても仲は良くならないし、ストレスが華ちゃんにもたまります。まあ、それでも写真ぐらいは撮ってやるかと思い、シャッターを切りました。
e0074782_20312717.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-07-31 20:32 | ネコ(華ちゃん) | Comments(10)

35度

厳しい暑さが続きます。毎日どこかで熱中症の犠牲者が出ています。恐ろしくて外へ出られませんぞな!外で働く皆さん,大丈夫ですかね?
e0074782_23565339.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-07-30 23:57 | 大垣散歩(水門川サイクリング | Comments(4)

水分補給

ウイスキーのようでウイスキーにあらず。よもぎ+どくだみ+むぎ=3種混合スペシャルドリンクです。
カウンターはスナックのようでスナックにあらず。我が家のカウンターです。
e0074782_2351686.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-07-29 23:05 | きまぐれに | Comments(4)

夕日を見ながら

17:30頃、少しぶらぶらとサイクリングでした。厳しい熱波をまき散らしながらようやく陽は西へ沈もうとしています。砂漠の太陽のようです。見ているとアラビアを思い出します(行ったことはなかったなあ)アラビアで3年働いたというご近所の人の話を思い出したのでした。
これだけ暑いと蛇なども出てきませんぞナ。
e0074782_21341178.jpg
e0074782_21342518.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-07-28 21:35 | 大垣散歩(水門川サイクリング | Comments(4)

猛暑日

すごい暑さでしたね。午前中に出かけようと思いましたが、いろいろと雑用が出来て、室内に閉じこもっておりました。クーラーは意地にでも使わず、飲み水と扇風機だけでしのぎました。我が家ではこれ以上の節電は無理というものでゴザンす。この方達にもご無理をお願いしております。
e0074782_20372134.jpg
e0074782_2037661.jpg
e0074782_20365157.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-07-27 20:38 | ネコ(華ちゃん) | Comments(10)

ミニ農作業

小松菜の種が沢山あるので、ご覧のように水耕栽培とばかりに、水をたらして種を撒きました。一応芽は出てきましたが、果たしてここからどれほど成長するやら心配です、これ以上大きくならないのならちょん切って食べようかと思います。
夕方は畑に出ました。ヤブ蚊の来襲でした。顔や腕を刺されまくりでした。ムヒにお世話なるよりも仏に縋ろうと、熱心にお経を読みました。その効果バッチリで、チ〜〜〜んと鳴らした途端にかゆみは治まりました。仏さんは「そう蚊」「それはよ蚊った」と言っていました。
e0074782_2174598.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-07-26 21:08 | 農作業 | Comments(8)

収穫

昨日の夕方はごたごたしていて更新も忘れてしまいました。
e0074782_939095.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-07-26 09:38 | 農作業 | Comments(0)

水虫

足のツメに水虫が入って、ツメが変形してしまっています。それでも日常の生活には支障がなかったので、ほったらかしにしていたところ、ここへ来て、履く靴によって痛みが出てきました。これは如何ということで、皮膚科に通い始めました。皮膚科のお医者さんはシャルウイーダンスの竹中直人のような感じの先生で、いろいろと難しいことを説明した後にやっと薬をくれました。それでもまだ、先生自体は、私の症状,顔色などに納得出来ない様子で、血液検査をしています。おかげで今年は健康診断をしなくて済みそうです。
そのお医者さんまでは水門川の支流、中の江川沿いを通っていきます。川にはコイが泳いでいます。写真では分かりませんがこのコイは子供のコイを20匹ぐらいを連れています。和やかで楽しみながらのお医者さん通いです。
e0074782_2195777.jpg
e0074782_2195469.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-07-24 21:14 | きまぐれに | Comments(8)

維持管理

長良川に架かる橋を点検していました。国土交通省,木曽川河川事務所の皆さんです。ご苦労様です。
橋の上からグヒョ〜〜と腕を延ばして、「ここはどう」?「痛くない」?などと鉄橋に聞いていました。鉄橋は「僕、大丈夫だよ」「もう少し頑張る」などと健気なことを言って、国土交通省の人を泣かせていました。
水の流れは1000年前と変わりなく(たぶん)、ただ静々と音もなく流れているのでありました。
e0074782_20385979.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-07-23 20:44 | 長良川 | Comments(6)

歴史講座(中世)

このところ,講座,講習に通っています。今日は大垣市主催の歴史講座、「中世 美濃地方の道と河」というお話を聞きにいきました。
近世では京都から鈴鹿峠を通って名古屋〜江戸までが東海道となっていましたが、中世では京都から関ヶ原経由で名古屋〜鎌倉が東海道と言われていた。(これを鎌倉街道とも呼ばれていた)
これを聞いて,なるほど、中世の青墓宿などの盛況の理由が分かりました。また中世の旅行記録として,吾妻鏡とか十六夜日記などのほかにも「うたたね」とか「春の深山路」「東関紀行」などがあることを教えて頂きました。
当時から旅行した人はいろいろと書き残して、その中には川べりで遊ぶ子供とおじいさんの様子なども現代でも変らない光景などの描写もありました。また鵜飼船のことも書いてありました。既に鵜飼いが行われていたのです。長良川沿いに、まだホテルはなかったと思いますが、見学する人は大勢いたことでしょう。
e0074782_2250852.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-07-21 22:52 | きまぐれに | Comments(8)