自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2012年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

牡丹(2)

白系の牡丹は牡丹の中でも丈夫なので、1度ぐらいの雨に当たっても持ちこたえます。この木は庭仕事の最中に間違って折ってしまったり、虫がついたりで変な樹型になっていますが、毎年豪華な花を咲かせます。
黄色の牡丹は確か「ハイヌーン」という名前がついていました。5年ぐらい前に買ったもので、今年初めて花をつけました。苗木の質が悪かったのかもしれません.本来は丈夫な品種です。

連休中ですが、「お出掛け」の予定はありません。今朝は1時間ぐらいサイクリングでした.自転車の1時間は疲れませんが,その後で行った畑仕事は30分で疲れました。
e0074782_18263117.jpg
e0074782_18261976.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-04-29 18:27 | 我が家の窓から | Comments(6)

牡丹

今年も牡丹の季節になりました。
1年がかりで面倒を見て,わずか1週間で花は終わってしまいます。ただその1週間の為に育てていますが、何でそこまでして育てているのか自分でも分かりません。
沢山花をつけていますが,これで1本の木です。この家を建てたときに植えたものですから30年ぐらいは経っています。
e0074782_20461970.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-04-28 20:46 | 我が家の窓から | Comments(4)

春から夏へ

つい先日までコート,ストーブの生活でしたが、半袖の時が来てしまいました。明日はどうも夏日のようで,暖かくなりそうです。連休前半はお天気もよく行楽日和とか、、。さあ皆さんでかけましょう!
私もちょっとそこまで出かけます。
e0074782_2133764.jpg
e0074782_2132450.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-04-27 21:03 | きまぐれに | Comments(4)

雨天

未明からこの時間(20:46)まで降り続いています。こういう天気のときは例によって読書と自転車のお手入れですが、今日はテレビ鑑賞の時間が多かったです。
梅ちゃん先生に続いて「あさいち」(木曜日のあさいちは旅行関係の内容です。)11:00からは「小さな旅」。午後は「サラメシ」の再放送。これは昨夜も見たが,番組に出てきたオムレツの店をもう一度見たかった。それからスタジオパークの鶴見辰吾。彼は熱烈な自転車ファンです。今日も自転車を熱く語りました。14:00からはEテレの高校講座「世界史」を見ました。この時間になると少し眠くなって,横になったら寝てしまいました。
e0074782_20584459.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-04-26 21:00 | きまぐれに | Comments(4)

伊勢湾

新聞に依りますと、木曽三川から伊勢湾に流れ込むゴミの量が相当な量になり、三重県から何とかしてもらえないかと、岐阜,愛知へ陳情と言うか,苦情がでています。答志島にも岐阜県からのゴミが流れ着くようで、えらい迷惑をおかけしておるようです。我が大垣を流れる水門川も,揖斐川に合流して伊勢湾に注いでいるのです。
「水門川のゴミは拾わなくてよいのか」と大垣の市役所に尋ねても「雨が降れば流れてしまいます」などと答えが返って来るので唖然としますが、今回、三重県からのお話で、ほっておくわけにはいかなくなるでしょう。
e0074782_20552021.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-04-25 20:56 | 大垣散歩(水門川サイクリング | Comments(4)

歴史講座(2)

今日は二回目の歴史講座でした。講師は「たかべしげこ先生」女優さんで、何とか大学の先生です。失礼とは思いますが、大学の名前は失念致しました。口座のパンフレットを見れば分かりますが、そこを確認するまでの熱意がありません。おゆるしを、、。
「山の民」という明治初年の飛騨高山を舞台とした歴史小説を基本として今日の口座は開かれました。
参加者は39名。全員で少しずつ朗読しました。まさか朗読「させられる」とは思わなかったです。しかも感情表現等で、先生からは「そこはもっと元気よく読んで下さい」などと指示がでます。劇団の練習場の雰囲気です。何といっても年金世代ですから、そうそう旨く読める人ばかりではありません。しかも人前ですから、中にはしどろもどろになる人もいます。それでも何とか積極的に割当の部分を最後まで読み通しました.健気です。近頃の若いモンに見せたい光景でした。
私は比較的前の方に坐っていたので、2回も読まされてしまいました。
少し長くなりますが、私が2回目に朗読した部分を転記します。この部分は簡潔によく書けている部分だと思いました。(少々生意気)===その前に、朗読した部分の前提となる事柄を少し説明しておきますーーー
要するに慶応4年、薩長が東へ攻め上る際、東海道スジ,中山道スジと進む訳ですが、中山道を進む部隊の中から、幕府天領である飛騨高山を統治する為に送り込まれた人が竹沢さんという人なんですが、いくら何でもこのひと独りで飛騨高山を統治出来るものではありません。そこで郡上藩の人達が大勢付き添って来ることになりました。ところが岐阜県の悪役ともいうべき郡上藩には飛騨高山の人達は100年のときを越えて恨みを持っているのです。(そこら辺の事情は省略します)ですから、高山の人達は「郡上藩の人達は来てもらっては困る」と、竹沢さんに陳情した訳です。竹沢さんも「話はよう分かった、、、」などと理解を示し、どうのこうので、その後に書かれた部分を私が朗読したのです。
『竹沢は考えた。実は彼自身郡上藩に対して一種の疑惑を抱いていたのである。それと云うのは、表面朝廷方とは云え、郡上藩主青山峰之助は現在江戸に住んでいて旗色がはっきりしないのだ。どちらかと云えばむしろ関東方と見て差し支えない。それを留守居役の家老鈴木平左衛門が、ーー彼は若い藩主の叔父で、藩の実権はおおかた彼にあった、ーー最近幕府の頏勢挽回の見込み無しと見て、独断を持って急いで京都方に帰伏を申し出たのである。そして飛洲鎮撫の御沙汰書が下ったというわけであるが、こんど下原口でその鈴木に会ってみると、いかにも腹ぐろい、野心家らしいところが見えて、御一新の深い意義なぞ一こうに分かっている様子がない』、、、、、、、、。ここまで朗読したのです。
歴史の教科書ではピーヒャララと薩長が東に進んで、西郷,勝の会見で一件落着となっていますが、実際の庶民の立場からすると、色々とあったわけです。

今日は柏餅と日本茶が出ました。ついでに岐阜市内の風景を一枚載せました。
e0074782_21445770.jpg
e0074782_21443625.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-04-24 21:45 | きまぐれに | Comments(6)

雨のち晴れ

丸1日以上降り続いた雨は、今日の午後にようやくやみました。それでも見れんたらしく、太陽が出てきてもパラパラとして、完全に止んだのは2時を過ぎていました。この時間からは長距離サイクリングは無理なので、雑用等を片付けながら、水門川辺りを中心に3時間程走りました。気温が高くなってウグイスも気持ちが良さそうに大きな声でないていました。あの身体からよくもあれだけ大きな声が出るものです。カラスは度胸よく、私がすぐ横を通っても逃げようとはしませんでした。川では鯉がはねました。静寂をやぶって大きな水音です。鯉のはねるときはすゴイです。!
雨上がりの青空は澄み切って奇麗です。南南西の風弱く、サイクリングに最適の午後でした。
e0074782_2151616.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-04-23 21:53 | 大垣散歩(水門川サイクリング | Comments(2)

朝からシトシトシト〜の雨降りのセンチメンタルな1日です。今は暗くなりかけた時間ですがまだ降り続いています、予報では明日の午後までは降り続くと言っています。雨降りは人の動きも鈍くなるのか車もほとんど通りません。とても静かです。軒先に落ちる雨だれがぽとんぽとんと寂しい音を立てております。ネコは2匹とも寝ています。こういうときは自転車のお手入れと読書です。図書館から借りた本は全部読んでしまったので自分の本を読んでいます。
そんな中の夕方にドアホンが鳴りました。来客の予定はありませんから「どなたでしょう」という思いで玄関まで小走りです。一番奥の部屋にいたので玄関までは200メートルはあります????玄関までたどり着くまでに又ドアホンが鳴りました。「へへ、すんません、今まいりやす」!と言ったところで向こうさんには聞こえないので、心で叫びました。やっとこさたどり着いたら、玄関には若い男が立っていました。その若い男は地図を見せながら「00さんの家は何処ですか」とノタマワル!!!
なんだ!そんな用件でドアホンを2回も鳴らしたか!!しかもその目当ての家というのはウチのすぐ目の前ではないか、!地図を持っていながら何を血迷っている!ばかもん!とは言いませんが、ちょっとばかしムカッと来ましたよ。そこら辺を歩いている人に聞けばよいものを、、「車なんかで探しているからそういうことになる」のです。一応教えてやりましたが、教えるといっても「あそこ」と言っただけです。
雨はその後も降り続いています。買う予定もないのに自転車のHPを見ています。
e0074782_21144472.jpg
e0074782_21192840.jpg

e0074782_21143027.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-04-22 21:19 | きまぐれに | Comments(4)

春たけなわ

関ヶ原のお友達の山荘へタケノコを貰いに行ってきました。次の月曜日にちょうど良い大きさになっている「予定」でしたが、そこは何といっても自然相手ですから、狂うのは当然で、「今、ちょうど良い大きさに伸びたよ」との電話を頂いて、早速山荘へお邪魔した訳です。カタい地面からにょきにょきと頭を出したタケノコをつるはしで掘りました。このにょきにょき頭をそのままにしておけば、「竹,竹がはえ、、」とか何とかぐんぐん伸びてきて、誰かの詩のようになってしまいます。詩になって紫綬褒章を貰っても腹の足しにはならないので、小さいうちに掘って食べるに限ります。
山荘は自然食品の宝庫ですから、タケノコの他、たらの芽と椎茸と夏みかんを頂いてきました。
e0074782_20421923.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-04-21 20:43 | 中山道(関ヶ原) | Comments(6)

寿司吉

昨日は毎月の例会で帰りが遅くなってしまいました。
例会は1人を除いて年金世代の集まりですから、正座が出来ないと言って、座布団以上,腰掛け未満の中途半端な台に坐らなければならない人がいたり、間もなくその仲間入りになりたい人がいたり、会話も年代にふさわしく「血糖値が下がらない、血圧が下がらない」などと焼酎を飲みながら気炎を上げる訳です。さらに二次会まであるわけで、朝飲んだ薬の効果を帳消しにするには充分です。
私はといえば薬は飲んでいませんよ。自転車が薬ですからねえ??全てに控えめでワインを1本半ぐらいで収めて終わりました。残ったワインはワイのもんやということで持って帰りました。
e0074782_19594548.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-04-20 20:03 | 大垣散歩(食べ歩き) | Comments(6)