自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2012年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

梅の終わり

未明から激しい雨降りでした。この雨で梅の花はほぼ終わってしまいました。
雨は夕方にはやみましたが、西風が強かったです。
桜の蕾はさらに大きくなりました。この分だと明日当たり開花宣言かもしれません。
e0074782_20383689.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-03-31 20:39 | 我が家の窓から | Comments(6)

春が来た

やっとこさ(ようやく)春と思える1日を体感出来ました。風はなく、ポカポカの太陽の下、モクレンが開花しました。柔らかい品の良い白色と形。ちょうど良い大きさ。花ばかりでなく枝の艶もよく、ハクモクレンは好きな花のひとつです。
大垣の市長さんもこの花がお気に入りのようで、モクレンを下水処理場の廻りに植えまくりました。10年も経つと立派なモクレン公園となり、見学者もその下を通れば心も清くなる「心の浄化槽公園」となる事でしょう。
e0074782_21263116.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-03-30 21:26 | 我が家の窓から | Comments(6)

華とチビ助

その1
e0074782_218961.jpg

その2
e0074782_2183840.jpg

その3
e0074782_2191568.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-03-29 21:09 | ネコ(華ちゃん) | Comments(10)

名のみの春

気温は平年より低いのか、暖かいとは感じぬ今日でした。それでもつくし摘みの人は老人グループを中心に大勢の人を見かけました。中には堤防に寝転んで摘んでいる人もありました。老人とは言え、もうちょっと積極的にうごいてもらいたいです。イタチも走っていました。ウグイスもきれいな声でないていました。昼前後に雨が降ると予報されたとおり、11:30頃に、西の空からにわかに黒雲がわき上がり、短時間ながら激しく降ってきました。ここまでよく予報出来るものだと驚きました。
明日はもう少し暖かく、日本全国晴天と予報されています。
e0074782_2126912.jpg
e0074782_2125564.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-03-28 21:27 | 大垣散歩(水門川サイクリング | Comments(6)

チビ助

この家に来て数ヶ月が経った。この家の老主人は私のことを「何という生き物や」と言っていたが、この頃では少しはご飯もくれるようになった。それに一応チビ助という名前もつけてくれた。私を拾ってくれた若主人夫婦は帰りが遅いので、自然,私の夕飯も遅くなる.それまで我慢出来ないので、華という姉御のご飯を失敬して食べている。ご飯をとられた華姉御は、怒る事もなく、おかげでこの頃痩せ気味になった。私は4キロを超えてずっしりと重くなった。爪を研ぐクロスはあちらこちらに貼ってある。まあまあ居心地はよいので、ここでこのまま暮らす事にした。
e0074782_20242679.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-03-27 20:29 | ネコ(華ちゃん) | Comments(10)

加納宿(岐阜)

加納宿を通過する部分の中山道は素直な道路ではありません.カクカクカクとカタカナのコの字に曲がって、知らない人なら気がつかないルートになっています。江戸時代に、敵からストレートに攻められないようにこのような造りにしたらしいですが、攻めにくいという事は、普段自分たちの使い勝っても悪いという事で、カクカクカクの道路にして260年間、加納宿の人はお疲れさまでした.結果的には「敵がせめて来る」ことはなく、それが直接役に立つ事はありませんでした。
カクカクカクのひとつの角に米屋さんがありましたが、ひょっとしたら古くからのお店かもしれません。(これだけカクカクカクでは何処を曲がるのか分からない、、コメったということ)。大きなお寺もありました。ここに隠れて攻めて来る敵をやっつけようと考えたのです??(そんなところに隠れても見えテラあ)
e0074782_2165630.jpg
e0074782_2164216.jpg
e0074782_2162342.jpg
e0074782_216230.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-03-26 21:21 | 中山道(大垣から東) | Comments(8)

山栄食品

前回の一宮工場に続いて、今度は本社工場を見学させて頂きました。場所は(岐阜市細畑)中山道から少し北へ入ったところです。

ここでが製造現場へも入らせて頂きました。製造現場へ入る前にエアーシャワー室を通らねばなりません。この部屋を通って、俗世間の汚れを払い落とすのです。身体に着いた汚れの他、事のついでに心の邪心、曇りも払われます。そして、明るい気分で仕事場に入るのです。エアーシャワー室の効果は抜群で、社員の皆さんは朗らかで明るい人ばかりでした。そればかりかもうひとつ効能があって、、この部屋を毎日通っていると、美しい人はさらに美しく、そうでない人も少しずつ美人になるようです。その証拠に女性の社員さんは皆さん美人ばかりでしたよ。
美人さんが作った商品は美味しくて、間違いなく売れるということでしょう。
e0074782_18401666.jpg
e0074782_18394935.jpg
e0074782_1839355.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-03-25 18:40 | 岐阜 | Comments(6)

加納宿(岐阜市)

岐阜市の旧加納宿です。中山道と岐阜街道との分かれ道です。石碑のローマ字がいいですね。
e0074782_21455970.jpg
e0074782_21454546.jpg
e0074782_21452514.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-03-24 21:46 | 中山道(大垣から東) | Comments(4)

彼岸

英霊のお彼岸(護国霊園)
私の叔父は上海で腸チフスに罹り、戦病死したと聞いております。闘って死んだのならともかく、戦病死とは無念というか、情けないというか、戦後生まれの私から見てもそれ程格好のいいものではないと思うのです。
e0074782_21393336.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-03-23 21:45 | 大垣散歩(あちこち | Comments(4)

東京余談

東京へ往路は18を使い、復路はシャ〜〜と「のぞみ」に乗りました。時間の節約から思えば「のぞみ」は悪くありません。そう考える人が多いようで、私が「のぞみ」のきっぷを買った時点で、横並びで二枚を買えませんでした。「仕方がないですね」ということで、夫婦で前後の通路側の席になりました。私たちが乗車してその後に隣のお客さんが乗ってきました。私の隣の席を眺めて「済みませ〜〜ん」と言ったのは、若い女性でした。一応スラッとした、らしい人でした。私はハイハイと言いながら、女の横は女の方がいいだろうと、家内と前後を代りました。ところが、また若い女性が私の横に来てしまいました。私の横に坐った若い女性は太っていました。坐ったとたんに弁当をぱくぱく食べて、背もたれを倒してそのままぐうぐうねていました。さらに太ること間違いありません。じろじろと眺めているわけではありませんが、チラっと見たところスキだらけの姿でした。将来が楽しみな大人物だと直感しました。
e0074782_20451937.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-03-22 20:49 | きまぐれに | Comments(8)