自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2012年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

珍味

今回、ご縁があって山栄食品工業(株)の愛知県一宮工場を見学させて頂きました。山栄食品さんは魚などの海産物、特に以下を素材にしての酒のおつまみや、おやつなど製造販売されています。
工場は旧岐阜街道から木曽川を渡り、街道から少し北へ入ったところ,R22沿いに建つ、とても奇麗なしゃれた建築です。
勿論,担当者以外の人は作業現場には入れないので、案内して頂いた会長さん共々ガラス越しに見せて頂きました。ここでは函館工場(函館にも工場があるそうです)から送られてきた製品を袋づめして、商品として出荷されるまでの行程がなされています。作業現場は当然ながら「とても美しく」、衛生管理がしっかりなされている感じでした。「一代でよくぞここまで」というか、スゴイなあと思ってしまうのです。
会長さんにはお昼を期しそうになったあげくに、バックにはいりきらないくらいの製品を頂きました。
せっかく頂いたので、味,見た目、パッケージのデザインなど、こと細かな感想を書こうと思っています。
e0074782_18494373.jpg
e0074782_18492929.jpg
e0074782_18475184.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-02-29 18:50 | 大垣散歩(食べ歩き) | Comments(6)

寿司吉,その他

昨日ブログの更新が出来なかった理由は写真のような出来事の為です。
e0074782_9513080.jpg
e0074782_951615.jpg
e0074782_9504754.jpg
e0074782_9502130.jpg
e0074782_95093.jpg
e0074782_9494829.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-02-28 09:53 | 大垣散歩(食べ歩き) | Comments(10)

水との戦い

大垣のお隣,安八町名森(あんぱちちょうなもり)で写真のような記念碑を見ました。
昭和4年の出来事。
記念碑によりますと、この安八町の上手の墨俣で犀川,五六川が長良川に合流しています。この合流個所を下流に変えるべく、美濃路堤を切り開き安八町内へ流そうという計画が国から出され、それに対して住民2千人が実力行使(実力行使は私の想像)名森村役場で警察官200人と衝突した。さらに憲兵隊が出動。敦賀連隊、鯖江連隊からも完全武装の計3個中隊が派遣されたとありました。

結果として、事情聴取を受けた人が18名の他は逮捕者は出ていないようですので、小競り合いで終わったと思いますが、この地域の水への思いは命がけという事が分かる出来事です。またこの抗議運動が功を奏したのか、国の計画は実行されず、現在でも犀川,五六川は昔のままの地点で長良川に合流しています。
e0074782_942287.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-02-26 09:10 | 長良川 | Comments(4)

大垣〜一宮線

他所の県の方には全く関係のない事であり、何の事か分からないお話です。
大垣から愛知県方面への最短距離の道路はこの大垣一宮線なのですが、(名神高速を除く)、敷設以来幾星霜、開設当初は、奇麗な道だ,名古屋が近くなったと大感激でしたが、今日では片側1車線では狭すぎるし、歩道の舗装も荒れています。それで長良川から東は順次改装拡幅されて来ましたが、長良川と揖斐川の間だけは昔のままで、自転車にとっては、とても走りにくいものとなっています。
そこで今日はこの間の抜け道というか、大垣一宮線を離れて、集落の中を通り抜け出来ないかと道を探してみました。そしたら、クニャクニャとしながらも自転車最適道路がありました。区画整理される前からの道ですから、くにゃくにゃはやむを得ませんが、そこにひとつの風情があるわけですが、また、どことなく部外者は入っては行けないような雰囲気が流れているようにも感じました。しかし、それでも次に愛知県方面へ向かうときはこの集落の中を通らせて頂こうと思います。静かだし、車は殆ど通らないので安全です。
e0074782_20421260.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-02-24 20:42 | 美濃路 | Comments(2)

おまわりさん

いろいろな用件を済ませての帰り道、川沿いにおまわりさんが立っていました。(いやな予感)
おまわりさんは「こんにちは」〜〜「ちょっといいですか」あ〜。(少し前に流行った宗教の布教みたいです)
これが最近の警察官の善良な市民との接触の方法です。
私「なんでしたかねえ」
おまわりさん「昨日、ここで自転車に乗った人が子供さんとぶつかったのですが、見られたという事はないですか」?
私「昨日は(ここを)通っていません」
おまわりさんの話によると、自転車の人はお年寄り、前かごにバックを入れていた。子供さんの怪我はそれほどの事ではないらしいが、そのお年寄りは「大丈夫だったか」と声をかけながらも、そのまま行ってしまった事に子供の親さんが腹を立てているということでした。自分で転んですりむいたのなら親も怒りませんが、事故となると厄介です。くれぐれも事故には注意が肝要ですね。子供の集団は激赤信号と思わねばなりません。
e0074782_20425929.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-02-23 20:44 | 大垣散歩(水門川サイクリング | Comments(8)

春へ

昨日までと違い、グ〜〜と暖かい1日でした。風は南東方面からでした。これは春のたよりです。土筆もすぐに頭を出すでしょう。
渇水期を狙っての河川改修工事は急がねばなりません。急がないと春の長雨のシーズンになってしまいます。杭瀬川と牧田川との合流地点では、1メートル以上堆積した土砂を削り取っていますが、なかなか大変なことで、ショベルカーの動きを見ているとじれったくなります。もっとビャア〜〜と早く動けんのかなと思ってしまうのです。
e0074782_20272775.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-02-22 20:28 | 杭瀬川 | Comments(2)

名古屋(大須観音)

大須観音と言えば、東海3県で知らない人はいないと思いますが、この大須観音は、元々岐阜県羽島市にあった真福寺、宝生院がこの地に移転されたということをご存知の方はそれほど多くはないでしょう。羽島は水害の危険が多いとか何とかいって、例の徳川家康がこの地に運んでしまったのです。ついでに地名まで持って行きました。真福寺には古事記の写本があったと言いますから、それがお目当てだったのでしょう。
今でも羽島には大須という地名はかろうじてひっそりと残っています。

大須は若者向けに町を造り直したのか、活気がありました。私たちの自転車を見ておじいさんが近づいてきてきました、(写真参照)おじいさんは「昔は(自転車に)よく乗ったもんだ」「500キロのレースに出て完走した」「これこれこういうタイヤのメーカーがあった」「チェーンのメーカーがあった」など,私の知らないメーカーの名前を披瀝しました。そして別れ際に、会話を喜んでくれたようで「今日は元気を貰えてよかった」といっていました。また昨日掲載した我々二人の写真を撮ってくれた若い人は「学生時代は大垣にいた」といっていました。なかなか奇麗な構図で撮って頂けました。さすがに大垣にいた人は違います????
e0074782_21462240.jpg
e0074782_2146961.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-02-21 21:54 | 美濃路 | Comments(6)

名古屋

久しぶりに旧美濃路を名古屋往復しました。晴天、風は弱く、春が少し近づいたことを感じさせる陽気の中を、友人Y氏のお誘いを受けてはしりました。若い彼には、遅い私にスピードを合わせて頂かねばなりませんが、お誘い頂けることを喜んでおります。
e0074782_21212964.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-02-20 21:22 | 美濃路 | Comments(4)

術後のチビ助

避妊手術を受けたチビ助は抜糸が出来るまで、お腹を舐めないように、かようなものを首につけられております。チビ助も鬱陶しいようですが、これは自分を守る盾の用でもあり、華ちゃんと闘う時もすごく有利に働くのです。
e0074782_21174977.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-02-19 21:18 | ネコ(華ちゃん) | Comments(12)

今日も風が冷たく寒かったです。しもやけが治りません。オロナイン軟膏を付けていますが、効果があるのかないのか分かりません。良い薬があれば教えて下さい。
e0074782_20412834.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-02-18 20:41 | 大垣散歩(水門川サイクリング | Comments(4)