自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2010年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

市内中心部

地方都市の中心部が寂れていることは「シャッター通り」などと揶揄されて、全国共通の現象として報道されていますが、この大垣も例外ではありません。レコード屋さん、八百屋さんなど社会の構造変化によって、又は後継者不在などにより退場したお店など多く、中心商店街も準シャッター通りとなっております。
その中にあって、ある都銀(一つしかないのでどこの銀行か分かってしまいます)の自販機には長蛇の列でした。銀行さんは不況,好況に関係なくご繁盛のご様子。誠に結構なことでございます。
今日は2台のミニベロにあいました。通勤の雰囲気でしたが、あの車種を思い出すことが出来ません。

e0074782_20214495.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2010-04-30 20:22 | 大垣散歩(あちこち | Comments(0)

今日の水門川

タイトルに「今日の水門川」と書きましたが、川の様子にそうそう変化がある訳ではありません。毎日ポリ容器などと共に水が流れているだけです。しかし、先だってウチの雨量計から判断して100ミリは降ったと思いますが、何ら生活に支障をきたす訳でもなく,こうして普通の生活ができることは「治水」の基盤が整っているということで、感謝しなくてはなりません。
川では魚を釣っている人がいました.それを側で見ている人もいました。二人ともただ川面を眺めているだけでした。二人とも悟りを開いたように、じっとしていましたが、やっていることはセッショウです。(南無阿弥陀仏)
その他、犬を複数匹散歩させている人がいました。最初に出会った人は4匹連れていました。私が近づくと,そのうちの1匹は立ち上がってこちらを見ていましたが、きゃんきゃんとうるさかったです。次に出会った人は3匹連れていました。この3匹は立ち上がることもなく,ただわんわんと、うるさかったです。その次に2匹連れた人に会いました。この2匹は私に飛びかかろうとするのを、飼い主が力を込めて押さえつけました。次は1匹だけ連れた人に会うかと思いましたが,それはありませんでした。サイクル出会いとはいきませんでした。
e0074782_20323045.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2010-04-29 20:33 | 大垣散歩(水門川サイクリング | Comments(0)

ぼたん

昨日はスゴイ雨でした.降りはじめから100ミリ以上は降りました(我が家の簡易雨量計に依る)
おかげで先行して咲いた牡丹はかなりの被害を受けました。
そして雨上がりに咲き始めたのがこの白いボタンです。「五大州」といいます。樹勢も強く、1本の木で40以上の花をつけます。
e0074782_19482895.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2010-04-28 19:49 | 農作業 | Comments(2)

ハナミズキ

桜が終わればハナミズキのシーズンです、同じ時期に咲くフジの花には人気が集まりますが、ハナミズキはあまり注目を集めません。アマチアカメラマンもさっぱり集まってきません。せっかく咲いているのに何となく気の毒なもんです。
e0074782_22222.jpg
e0074782_2222118.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2010-04-27 22:04 | 大垣散歩(あちこち | Comments(2)
美濃路の墨俣から起まで、木曽川を渡るまでは岐阜県内です。墨俣近辺まではいろいろな標識などで、観光としての環境が整備されているように思いますが、長良川の東側(羽島市)になると、一部を除いて、どこがそのルートなのか案内板はありませんでした。さらに木曽川の渡し場には金比羅様が祭ってありましたが、古タイヤなどが散らかって、興を削ぐところです。先人が残した文化遺産がこのような扱いで、いささか残念なことですが、羽島市の部外者がとやかく言う訳にはいきません。
昨日、尾西歴史民俗資料館で頂いた地図を頼りに、墨俣から木曽川の渡し場までサイクリングしてきました。一部の有志により設置された一里塚の石碑には「大名行列」「朝鮮通信使」の歴史的に著名な往来について書いてありましたが,勿論それ以外に、いく十万,いく百万の無名の人たちが,旅行に、商売にと、この道を往来したに違いありません。
さわやかな西風と青空、川の流れ、葉で覆われた桜、樹齢100年を越すと思われるイチョウの幹、散歩する老夫婦、幼い子供を散歩させる若い母親の背後に、連綿と繋がる人間の営みを感じるのです。
e0074782_20443645.jpg
e0074782_2045883.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2010-04-26 20:45 | 美濃路 | Comments(2)

起(おこし)宿

美濃路(中山道垂井宿から東海道宮宿への脇街道)岐阜県から木曽川(濃尾大橋)を渡ったところの最初の宿場町です。最近まで尾西市となっておりましたが,町村合併により尾張一宮市になりました。愛知県のはずれで木曽川沿い、トヨタの工場がある訳でなく、今では経済の中心から外れたような感じは否めませんが、しかし,人びとの息づかいに伝統と生活の空気をよみとることが出来ます。
いつの頃かは「織物の町」といわれた時代もあったので、今でも機織りの音は聞こえて来ます。機織り工業が盛んだった頃はずいぶんと昔のことのように思いますが、宿場町の臭いの中に、根強く機織りの音を聞くと積層された歴史の地層のようなものを思います。
e0074782_2253680.jpg
e0074782_2262653.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2010-04-25 22:07 | 美濃路 | Comments(0)

牡丹(2)

ピンクのボタンが咲きました。ピンクはヤワラか〜〜い雰囲気で牡丹らしくて、眺めていると癒されます。「今年もよく咲いてくれました」感謝です。
e0074782_2033796.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2010-04-24 20:03 | 農作業 | Comments(0)

飲み会

飲み会のお仲間です。程々に飲んだ時点でシャッターを切りました。
e0074782_1023399.jpg
e0074782_10235490.jpg

別の場所に移って、さらに飲んでからシャッターをきりました。
e0074782_10252160.jpg

シャッターを切った覚えがないのに写っていました。
e0074782_10274724.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2010-04-23 10:29 | | Comments(0)

雨の中の牡丹

紐で縛って無理矢理傘の下に押し込めました。ちょっと窮屈ですが止むまで辛抱してもらいます。
e0074782_1444385.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2010-04-22 14:45 | Comments(6)

牡丹

ボタンが開花しました。しかし,昨日雨の洗礼を受けて、今日は夏日で花はしおれ気味です。そしてさらに明日は再び雨ということで、花にとってはきびしい自然に対応を迫られています。傘をさしてありますが、傘からはみ出すところもありまして,完璧ではありません。
e0074782_21455761.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2010-04-21 21:46 | 農作業 | Comments(2)