自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2009年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

痴呆

我が家の隣で畠を借りている老女は痴呆です。わたしは医療に携わるもんではないので、勝手な診断を下すわけにはいかないかもしれませんが、もうかれこれ1年近く前から,私は、この老女からは、いわれのない「泥棒」呼ばわりされています、最初は「畠の泥を盗んだ」に始まって,顔を合わせれば、いつも何々を盗んだと必ず言います。最初は激しい怒りを感じました。今でも怒っています。しかし,こういう人に何を説明しても,ああだこうだと言い訳するだけでラチがあきません。一言返せば3倍になって返って来るだけ、よけいに腹が立ちます。また、この老女は見たところ身体にどこか悪いところがあるようには見えず、自転車にも乗り、畠も耕して,全く健康そうで、何々を「盗んだ」!という話し方も真に迫っているので、何も知らない人が聞けば、とてもウソを話しているとは思わないでしょう。聞いている私ですら「私って、本当は盗んだんのかなあ」??と錯覚するくらいです。この老女のご主人などは,「てめえ!ええかげんにしとけ!」「警察呼ぶぞ!」「親戚に刑事がおるぞ!」などとわざわざ電話をかけてきました。このご主人も、あんな風に話されて完全に信じてしまったのでしょう。ただ、もう少し、らしいご主人さんなら,私も事情をお話しするところですが、聞く耳もたズで何ともなりません。
私としては、全くたまったものではないので、あちこち相談をしましたが、「病人だから仕方がない」という答えの他、「退屈しのぎに相手をしてやれ」なんて言う人もいました。全く他人事で頼りになりません。そこで,この老女の甥っ子を、たまたま知っていたので、その人に「何とかしてもらえないか」と相談したところ、「分かりました」「叔母のところへ行ってきます」ということでしたが、結果的にはその甥っ子さんも、伯母さんの「泥棒話」を半分ぐらい信じたようで、「本当は,あんた,泥棒じゃないの?」という疑いの心をもたれたようです。私としては、「がくっ」!!となりました。
ここまで読んでいただいた段階では、「本当の痴呆はおまえじゃないのか」と少しは思われた方もお有りかと思いますが、太陽が動いているか,地球が動いているか、さあどっち??といったところでしう。
最近NHKのラジオを聞いていたら、こういう痴呆の人に逆らってはいけない。「そうじゃない」なんて言い返せば,よけいに混乱してしまうので、「ああ,そうだったかねえ」など、その人の立場から出発してやってほしいなどと、お医者さんが話していました。
私はこの老女の健康に責任を負うものではないし、顔を見るのもいやなので、最近はなるべく老女が出て来る時間帯には外へ出ないようにしていますが、今日はばったりと会ってしまいました。そうしたら早速「エンドウを取ったやろう」と言われました。
わたしは、さらりと「ああ、そうかねえ」とやりすごしましたが、この老女は、「もう、ええわ、。あんたが泥棒やということはみんな知っとるで、、ハハハハハ、あほか!!」この老女は悪意ではなく、完全に私が泥棒だと思い込んでいるのです。1年前は「ネギの苗、あげるよ」「サラダの苗あげるよ」といってくれた人なのです。残念なことです。
返す言葉もなく引き下がってきました(涙)
東京の人はいいですね.こんな病気にはならないから、、。この病気になるのはチホーの人です。

e0074782_2145237.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2009-02-28 21:56 | きまぐれに | Comments(6)

明日は雨

平年より高い気温の中で、極楽ネコの生態です。

e0074782_20441144.jpg

明日は、雨が降らなければ,午前中にジャガイモを植えようと思います。午後は岐阜へ行きます。
[PR]
by tmshanagn304 | 2009-02-26 20:46 | ネコ(華ちゃん) | Comments(8)

カア〜

そんなところで巣を作ってはいけません。「そこではあきスが狙います。」「そ〜スかあ〜」
では「空ス」をつくりまス。スきにしてください。
e0074782_20184529.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2009-02-25 20:20 | きまぐれに | Comments(6)

早春の曽根城公園

芝生はまだ冬のままです。ケヤキはさらに冬のままです。この公園は花菖蒲の公園ですが、当然、花どころか芽も出ておりません。知らなければ,稲の切り株としか見えないものが,列をつなげているだけです。町外れにありながら、それでも公園ですから,訪れる人は絶えることなく数台の車が止まっていました。若いカップルが,ハハハア〜〜と甲高い大きな声で戯れていました。それが静かな公園の中で悪魔の声のように響き渡り、とても気持ち悪かったです。その他ウォーキングの人も沢山見かけました。皆さんスラッとした人ばかりでした。ウォーキングの効果でしょう。
私は芝生に落ちていただひとつの空き缶を拾いました。たったそれだけで芝生は元どおり奇麗になりました。(何となく格好つけてるみたいだけど、まあ、ゴミがなきゃあいいかと思ってさあ、、拾うのでゴザンスヨ)

e0074782_2111119.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2009-02-24 21:16 | 大垣の公園 | Comments(0)

早春賦

低気圧が通り過ぎた後の伊吹山です。(自転車乗りは気象には敏感なのです)実際はもう少しスカっと見えるのですが、レンズが悪いのでこの程度にしか写りません。まあ,何でも写ってりゃあいいかなあと思っています。
e0074782_22201679.jpg

伊吹山のすぐ南側の山です。ハッキリとは知りませんが,霊仙山かと思われます。噴火のように見えますが、雲で火山のように見せかけているのです。自然界にもハッタリがあるようです。

e0074782_22433177.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2009-02-23 22:47 | 大垣散歩(あちこち | Comments(4)

ネコの日

2月22日はニャアニャアでネコの日だそうです。ということで,わたくしもネコを大切にということで,わがままネコながら撮らせていただきました。
戌の日もあるらしいですが、1月11日ではないようです。ネコの日より戌の日が先にある何てことは、かの5代将軍さんがいない限り絶対にあり得ないことです。なぜなら,犬派よりネコ派の方が思い入れが強烈だからです。下手をすると化けてでる。さらに「犬、ネコ」とは言いますが、「ネコ、犬」とは言わない。さらにさらに、12支から外されているという屈辱を味わっての怨念もあります。故にネコの日は戌の日よりも先に設定されたのです。(内閣法制局)???
e0074782_1943273.jpg
e0074782_19432461.jpg
e0074782_19435381.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2009-02-22 19:51 | ネコ(華ちゃん) | Comments(2)

老齢

ハナちゃんはウチへ来てもう10年になります。さすがに力は衰えて、椅子に上るにも、「よっこらしょ」という感じです。しかし,その容姿,未だ衰えず。若い頃の美形を保っております。ご近所のワンちゃん達が、皆、還暦を過ぎ、みすぼらしく,よたっていく様を見るにつけ、年金も貰えないのにお気の毒なことと同情を禁じ得ないところですが、「華ちゃんはいつまでもかわいいなあ」と、その思いを深くするばかりです。
e0074782_21452022.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2009-02-21 21:47 | ネコ(華ちゃん) | Comments(4)

ブロッコリー

乳がん予防になるらしいという今のところの学説に従って、ブロッコリーを造っています。私が食べてもそれほど意味があるわけではありませんが、まあ見た目も奇麗だし、ヒヨドリを始め,青虫,ナメクジがよく食べますから,人間が食べても毒はなかろうと毎年種を撒いています。例年はもっと大きくなりますが,今年は種まきが遅れた為か、少し小振りです。だけど、市場に出すわけではないのでこれで充分です。
また、そろそろジャガイモを植えないといけないので、よいしょよいしょと耕しました。ジャガイモは簡単に出来るのでありがたいです。ジャガイモさえあれば、どうにか飢えなくてこの不況を乗り切ることが出来ます。麻生さんにも教えてあげなくては、、。「あっ、そー」
e0074782_207782.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2009-02-20 20:17 | 農作業 | Comments(6)

庭の梅

これだけ開けば、ほぼ満開ということでアップしました。連日カップルメジロが来てくれます。ウオーキングの人は足を止めてみてくれます。車の人も徐行して見てくれます。通学途中の小学生は「これは桜ですか」と質問してくれました。笑ってはいけません。あなたもシャクヤクとボタンの区別がつかないのだから、、、。
午前中は晴天でしたが、天気予報がピタリと当たって,午後には雲が空を「ウメ」つくしました。そして、さらに思い出しました。明日はゴミ収集日でした、スキスキのうちのゴミ袋を「ウメ」るために、ご近所のゴミ、犬フンなどを集めなくては、、。
e0074782_2183168.jpg

[PR]
by TMSHANAGN304 | 2009-02-19 21:11 | 農作業 | Comments(4)

古代の関ヶ原

672年、壬申の乱。大海人皇子と大友皇子との戦いです。このお二人は叔父と甥の間柄。なんでもめたのかは知りませんが、みっともないことです。身内の争いというのはよくあることですが,その為に大勢の人が死んでいます。話し合うべきでした。そしてどちらかが譲るべきでした。(そんなに甘いもんじゃないと言われそうですね)
その大海人皇子がその折、陣地と言うか大本営とでもいうべき「行宮」(あんぐう)を設置したのがこの場所(推定)。現、関ヶ原町野上です。約900年の後、三成が陣地を造った場所とは低地を挟んで反対側ですが、やはり小高い場所で見晴らしがよいところです。ここからは走る「のぞみ号」の屋根も見えます。さすがに大海人皇子さんもここに,新幹線が通るとは夢にも思わなかったことでしょう。出来ればちょっと見せてやりたい気持ちです。
e0074782_20514924.jpg
e0074782_2052567.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2009-02-17 20:54 | 中山道(関ヶ原) | Comments(2)