自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2008年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

自転車入門

昨今、自転車が見直されているためか,いよいよ中公新書までに自転車が登場しました。
私もこの手の「入門」書は何冊も読みましたが、あくまでも「入門」書ですから、著者が自転車に目覚めるきっかけから,ヘルメット、レーサーパンツを忌み嫌うところなど初心者が必ず通過しなければならない心の葛藤?から、自転車の種類、自転車の乗り方降り方など共通した項目が多いことは当然としなければなりませんが,しかし、それぞれの図書に「なるほど」と思う新しい視点が必ず発見できることはおもしろいところです。
ママチャリのことを「軽快車」ということは全く知りませんでした。又、スピードと心拍数、自転車に乗ることに寄って使われる筋肉の書類など「学術的」な面、そして、最近の道交法の改正に関しても冷静なご意見。本文中、「コラム」として、映画「二十四の瞳」のなかの、大石先生の自転車が床の間に飾ってあるスティールなどよく知らべたなあと、僭越ながら感心しました。
本来なら書店で買い求めて、読めねばならないところですが、なにぶん手元不如意のため、図書館におすがりした次第です。河村健吉先生ごめんなさい。
e0074782_20594878.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2008-01-30 21:00 | きまぐれに | Comments(10)

渇水期

この季節,太平洋側は渇水期になります。(大垣も一応太平洋側の気候に仲間入りさせていただきます。)雨の量は少なく、河川の改修はこの季節に集中して行われることが多いように思います。この大垣市内を水害から守る排水機場も改修工事で、排水口も何事もないようにふたは閉じられていますが、夏の雨期には大活躍するのです。
この写真を撮るために、MTBの能力をフルに生かして荒れた道を得意になって走っていたら、犬の糞をしっかりとフンでしまいました。クソ〜〜〜。!!
e0074782_20214947.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2008-01-29 20:24 | 大垣散歩(水門川サイクリング | Comments(4)

味噌造り(余談)

仲間が集まればことは、味噌造りだけで終わりません。それぞれの能力、個性、特技が発揮されます。まず,寿司吉さんからは巨大なマグロの「頭」が差し入れられました。あくまでも「頭」だけの差し入れです。それを寿司吉さんのご指示により、塩をふりかけて、特設オーブンで焼きました。枯れ葉、枯れ枝を集め、炭を熾して蒸し焼きにすること1時間。思った以上にうまく焼けました。
e0074782_21382817.jpg

焼けたマグロを撮りましたが、少々グロテスクなので掲載は止めます。
みんなで仲良くわけワケして戴いたのであります。近所の猫も来ました。
e0074782_21412253.jpg


さらに著名な料理研究家を親戚にもつというベテランスーパー美人主婦は、庭のミカンを採ってきて、マーマレードを短時間で造りました。
e0074782_21463186.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2008-01-28 21:52 | きまぐれに | Comments(8)

味噌作り

お友達の別荘に集まって、味噌作りをしました。自分たちで造る味噌はとても美味しいのです。
e0074782_19144327.jpg

柔らかく煮た大豆を「もちっこ」ですり潰します。
e0074782_19164233.jpg

そこにいろいろと混ぜて樽に詰めます。こういう多人数が集まっての作業のときは、一生懸命に働く人と、あまり働かない人にわかれるのですが、皆さんの動きはテキパキとしてすごかったです。やはり食べ物が絡むと動きはいいようです。私はというと、ブランデーを戴きながら,皆さんの働きに愛のまなざしを投げかけていました。
e0074782_19234768.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2008-01-27 19:28 | きまぐれに | Comments(10)

旧家

ポタリング中にこのような枯れ木のある家が目にとまりました。モチノキかケヤキか?少しユーモラスなかたちです。この太さは少なくても樹齢80年、枯れてからでもそれなりの年月。この家の歴史を見つめてきたことでしょう。
e0074782_20361391.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2008-01-26 20:38 | 大垣散歩(水門川サイクリング | Comments(0)

竜宮城 koneta

大垣の近郊、輪之内町の名所です。
ここが竜宮城の入り口です。皆様、ご存知でしたか??
この池には、鯛やヒラメではなく、アヒルが、ア,ヒルだと言いながら「餌をもらいに」近づいてきました。
e0074782_205314.jpg

池の淵には浦島さんの像がありました。このかたもどんな性格だったのか、いつまでも遊び歩いていてはいけません。
e0074782_2071513.jpg
ここにもお稲荷さんがまつられていて,このような鳥居が連なっていました。
e0074782_20105770.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2008-01-25 20:11 | 輪中 | Comments(8)

寿司吉さん1月例会

12人のメンバーがそろっての1月例会でした。お寿司屋さんですが,今日の料理はすき焼きでした。松坂牛のやわら〜〜〜いお肉でした。写真を撮ることも忘れて、半分以上食べてしまってから写しました。
e0074782_1959450.jpg

参加者の中での最高齢のお二人です。私より100年は長く生きておられますから、世の中のこといろいろお教え頂いております。
e0074782_201515.jpg

お店の従業員の方です。テキパキと動かれて、とてもよく働く方です。お客様の受けも、とてもよいようです。特に中高年の方に人気です。
e0074782_205814.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2008-01-24 20:11 | 大垣散歩(食べ歩き) | Comments(2)

お千保稲荷

少し遅めの初詣。
近郊のお千保稲荷へお参りしました。田舎のお稲荷さんですが、近年そのご利益を当てにしてか、参拝客は増加の一途です。おかげさまで門前の商店街も力強くお商売に励んでおられますが、お正月の疲れか、今日(月曜日)はシャッターを下ろした店もありました。
e0074782_20244453.jpg
e0074782_20251290.jpg

恒例に寄ってだるまを買いました。毎年買っていますが,このところ片方の目は、目的達成できないので黒くならないままです。このままではいつまでたっても黒目にはならないので,来年は目標を下げて、元気で生きていたら感謝の気持ちで黒目にしようと思います。
e0074782_20293467.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2008-01-22 20:36 | お千代保稲荷 | Comments(6)

80年

義理のおばさんが亡くなって、通夜葬儀のこの2日間でした。
おばさんの母親は103歳まで長生きでしたが、おばさんは80歳でした。若いときに子宮がんを患い、しばらくしてその後遺症に苦しんで、その中で3人の子育て。80年、お疲れさまでした。
e0074782_22185247.jpg

左の写真、おばさんの夫、現在85歳、体調が悪く葬儀には出席できませんでした。右側の写真、小さい男の子は、おばさんの弟さんです。この弟さんも当然ながらすでに初老の域に達しておられます。
[PR]
by tmshanagn304 | 2008-01-21 22:32 | きまぐれに | Comments(8)

猫はこたつで丸くなる

とても寒い一日でした。それでも頑張って、午前中の1時間は畑の仕事をしました。早くも来年の正月のため、黒豆を撒く場所を考えての作業です。その作業の後は、猫以上に縮こまってストーブの前でパソコンのお守りをしていました。
夕方、華ちゃんはご飯を待ちながら毛繕いです。
e0074782_2013264.jpg

私の顔を見るなり、「はらがへったぞ」!「早く夕飯をくれ」!「いつまでまたせるつもりだ」!とご立腹でした。
e0074782_206185.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2008-01-17 20:08 | ネコ(華ちゃん) | Comments(14)