自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2007年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

お隣から柿を頂きました。
「oh、カキ」ということで、それが「大垣」の語源です???。「大きな柿」といウ説もあります。
e0074782_19532550.jpg

そんなバカな話に「聞く耳持たぬ」ということで、菊が咲き始めました。
e0074782_19543859.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-10-31 20:00 | きまぐれに | Comments(6)

デジカメ

このデジカメを使い始めてからというもの、画面が右肩下がりになって仕方がないのです。ファインダーが小さいからなのかな?といって、液晶を見ながら撮る気にはなれないのです。アナログ人間です。
e0074782_20524051.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-10-30 20:52 | きまぐれに | Comments(2)
養老サービスエリアへ行って来ました。勿論自転車です。大垣インターから名神高速ヘ入り、、なんてことはありません。ご安心を、、。平行に走る一般道から、サービスエリア内へ「人間だけ出入り可」という出入り口がありますから、そこからひょいっと入れてもらいました。養老サービスエリアは大垣インターから最も近いサービスエリアで、地元の人は、変人を除いてめったに立ち寄ることがないところです。
知人からの情報によると、名神沿いの土産物は何でもあるということでした。
まずはトイレを使わせて頂いてから(通行料を払っていないので気が引ける)紅葉名所の地図をもらいました。(通行料を払っていないので気が引ける)それからサービスのお茶を飲みました。(、、、、、)ただのモノばかりでは居心地が悪いので、105円の大福を買いましたが、これは失敗でした。包みセロハンには東京の大手の製パン業者の名が小さく書いてありました。
ところで沿線のおみやげは、地元のモノは勿論のこと、ヤツハシ、おたべは勿論のこと、東名のおみやげ、浜名湖のウナギパイとか、伊勢のハンペンまで売っていました。例によっておばさま方の買い物意欲はすざまじく、竜巻きのようにレジに襲い掛っていました。
e0074782_20341750.jpg
e0074782_20375045.jpg
e0074782_20382395.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-10-29 20:39 | 養老 | Comments(10)
たまたま頂いた地元の雑誌に、清水進氏が執筆されておられましたので、ちょっと読ませて頂きました。
その記事によりますと、この梁川星巌という人は美濃国生まれ、幕末の漢詩人。しかし人生後半は次第に憂国の念を強くして、横井小南、吉田松陰らと交わり、最後に安政の大獄で逮捕される前にコレラで死んだとありました。当時は、星巌は死に上手(詩に上手)と言われたそうですが、どちらにしろすぐに死ぬ訳ですから、逮捕の上殺された方が有名になれたのではないかと思っているのです。星巌が死んだので、代わりに奥様が逮捕されて、半年も牢獄暮らしだったとか。伊井大老もしつこいですねえ〜。
e0074782_2125773.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-10-27 21:25 | | Comments(6)

伊勢番外(鳥羽水族館)

時間がなくて館内ヘは入りませんでしたが、外でトド?がデモンストレーションをしていました。
e0074782_21283662.jpg

その昔、この親さんと同じように、この水族館で、家内が子供に魚を見せようとしました。子供は、あのときまだ2歳になっていなかったと思います。水槽の中はイワシの大軍でした。イワシは一斉に子供の顔を見たので、子供は吃驚して館内中に響き渡る声で泣叫びました。今度は周りの人間が一斉にこちらを見ました。それは25年前のことですが、つい昨日のことのようです。
e0074782_2147861.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-10-26 21:53 | きまぐれに | Comments(2)
伊勢神宮、明治神宮、熱田神宮、平安神宮の他全国にはご分身の「神宮」は鎮座されているところですが、大垣にもそのご分身が鎮座されておきます。その名も「大垣大神宮」。式年遷宮の折、廃材???(他に言葉が思い付かない)となった材木で建てられたと関係者から聞いております。
石碑が少々傾いておりますが、この場所は元は大垣城の掘りがあったところですから、地面は柔らかいのです。正面のお社も柱がいくぶん下がっております。その他、正面に白く、小さい物が写っていますが、これは犬を連れてくるなという注意書きです。大垣大神宮さんは目下、地盤沈下と犬の不始末に悩んでいるようです。
e0074782_2241332.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-10-25 22:08 | 大垣散歩(あちこち | Comments(8)

伊勢の印象(2)

内宮の門前町、おかげ横町は竹下通りに負けず劣らずの人通りです。また、全てのお店が雰囲気を揃えての町づくり、関係者の努力は大変だったことと思います。(2軒だけ場違いな建築がありましたが、それは仕方がないことです)
e0074782_1950409.jpg

このお店はどういう訳かお休みしています。これだけの人通りがあるのにお休みなんて勿体無いことです。お店の前では入れ代わり立ち代わりおばさん達が記念写真をとっていました。「なんでだろ〜〜」
e0074782_19535194.jpg

私はこの日は朝からビール、お酒、おつまみなど、お口は連続稼動の状態で、昼になっても名物の「伊勢うどん」など食べる気になれず、コロッケ2個で終わりました。ところが同じような朝からのアルコール人種や、又、お値段が安いこともあって若い人達も「安いぞ」「安いぞ」と声をかけながら(少々オーバー)店に入っていきました。
e0074782_2044063.jpg

お店が繁昌することは大変結構なことですが、このコロッケやさんもあまり繁昌し過ぎるようで、若い店員さんは「いらっしゃいませ」と発することもなく、笑顔を見せる余裕もなく対応に終われていました。
e0074782_20103322.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-10-24 20:13 | きまぐれに | Comments(6)

伊勢の印象

伊勢神宮とは「内宮」「外宮」を合わせての相称ですが、観光客は圧倒的に「内宮」を参拝します。私の仲間も当然ながら、ごく自然に、何の疑問もなく「内宮」ヘ参拝しました。「外宮は参拝しなくていいもんだろうか」などと口を出す人はいませんでした。何といっても天照大御神の人気は絶大です。「外宮」の豊受大神宮は天照大御神の給食掛かりですから人気は今一つというところなのでしょう。
e0074782_2024396.jpg

お参りの方は、相変わらずお年寄りの団体が多い中で、若い人もとても多かったです。
[PR]
by tmshanagn304 | 2007-10-23 20:59 | きまぐれに | Comments(4)

伊勢、鳥羽

昨日、今日とちょッとした仲間達と、ちょとした旅行でした。行き先は日本人の心のふるさと伊勢です。写真は泊ったホテルの部屋から撮ったものです。珍道中の様子は、又、明日かかせて貰います。
e0074782_2040184.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-10-22 20:41 | きまぐれに | Comments(2)

秋へ

昨日今日と急激に秋の幕開けです。夏に一旦刈り取られたススキですが、すぐに伸びて来て穂を出し、真面目に、遅滞なく秋であることを知らせています。
e0074782_216544.jpg

護岸の為に植えられた草もどことなく寂しそうです。
e0074782_218869.jpg

今日のサイクリングは、途中で寄り道をしていたので、帰りはすっかり暗くなってしまいました。
e0074782_21101229.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-10-20 21:15 | 大垣散歩(水門川サイクリング | Comments(6)