自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2007年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

お千代保稲荷(2)

お千代保稲荷の地域ネコです。参拝客が可愛がるのか人にはなついています。しかし顔がだんだん狐風になっていくように思います。
e0074782_20104060.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-07-31 20:11 | お千代保稲荷 | Comments(7)

お千代保稲荷

月末の恒例行事、お千代保稲荷へお参りして来ました。商売繁昌のお稲荷さんですが、なかなかどうして、御利益にありつけません。お参りの方がこれほど多くては神さンも手が廻らないのでしょう。
e0074782_21364022.jpg

御利益があった喜びの表現か、それとも御利益がなかったはらいせか、ぐるぐる巻の狐がいました。
e0074782_2140340.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-07-30 21:42 | Comments(2)

今日の水門川

この黄色い花は何という名前だったかな?
e0074782_212696.jpg

川の中の棒は魚を採る仕掛けがしてあるのです。丁度このあたりから漁業権がない地区になっています。「ぎょ」!
e0074782_214973.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-07-29 21:05 | 大垣散歩(水門川サイクリング | Comments(2)

花火大会

今日は日本全国あちらこちらで花火大会ですね。こちらでは、長良川、揖斐川で花火大会が行われております。隅田川の花火などさぞ立派で、一度見てみたいものと浮気心を抱きつつ、地元の花火を眺めているのです。
ウイスキーをしこたま飲んで、しかも手持ちで写すという大胆な結果がこの写真です。
e0074782_22515117.jpg

写真はぶれても花火大会は楽しいにャア〜。とってもリラックス、平和そのものです。
e0074782_22541669.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-07-28 22:55 | きまぐれに | Comments(6)

7月27日の水門川

夕方、日ざしが弱くなってからいつものコースを走りました。堤防ではキジバトの集団が落ちた草の種を食べています。私が近付くとハット?して飛び立ちました。吃驚して飛ぶところが鳥類らしくて可愛いです。白鷺もいました。白鷺の飛び方はきどっていて、人を小馬鹿にしているような感じで嫌いです。多分自分では鶴よりも綺麗だと思っているに違いありません。見た目に関わらず感じの悪い鳥です。
 この川べりをサイクリングしていると、治水の他、いろいろな意味において、この川の重要性をいつも認識するのですが、そこで改めて、この川と市民とのかかわりをテーマに撮ってみたいと思います。一応自然相手ですから、1年ぐらいはかかると思いますが、作品展も考えています。
写真はこの川沿いの神社です。
e0074782_21421674.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-07-27 21:51 | 大垣散歩(水門川サイクリング | Comments(2)

金生山(3)

このお御堂に前には「國寳」と書いた石碑が建っていました。
e0074782_23141623.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-07-25 23:14 | 中山道(赤坂宿) | Comments(2)

金生山(2)

よく晴れていて向こうに見える高い山は伊吹山です。
手前のプラントは石灰に関連したものだと思います。(「だと思う」とは不勉強)すみません。この設備が自然を損なうものなのか、あるいは調和するものなのか、見方は別れるかもしれませんが、見慣れてしまえばごく自然に目に飛び込んでくるものです。よく観察すれば、ドイツの観光パンフレットにあるあの白い何とかシュバン城??シュレイン城??に似ていると思いませんか。
e0074782_2029268.jpg

この鐘は1393年の作だそうで、これは中世のものですよ。中世と言えば足利義満の時代ですがナ。さらに中世と言えば、ユーラシア大陸の片田舎、今は憧れのヨーロッパではございますが、この時は、まだ世界史の表舞台に出てくる時代ではございませんでした。むろんアメリカ合衆国など単なる原っぱだった頃のこと。そんな古いものがよくぞ残りました。そのような時代のものがサラッと何気なく置いてあるところがすばらしい。中島みゆきも驚くでしょう。
e0074782_2040646.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-07-24 20:59 | 中山道(赤坂宿) | Comments(6)
赤坂宿に沿ってそびえる??金生山です。久しぶりで自転車登山をやって来ました。ふうふうハアハア、途中で3回ぐらい休憩しました。標高300メートルに満たない山ですが、それでも登り切れば、満足感はエベレスト登頂にひけを取りません!!空気が比較的澄んでいたので、遠く、名古屋のツインタワーもうっすらと見ることが出来ました。(写真では分かりにくいですが、画面を左右に正確に2分の1に分割した調度その右側のもやっとした所が名古屋のツインタワーです。
e0074782_21434943.jpg

眼前にそびえる大垣の乗鞍ともいうべきこの山岳ルートを見たとき、さあ「行くぞ」とファイトが沸き上がるのです。
e0074782_21535752.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-07-23 21:58 | 中山道(赤坂宿) | Comments(6)

夏ばて

本日32度、夏らしい日ざしでした。しかしこれくらいの暑さは何の何の。我が家ではまいっておられる方もありますが、、、。
e0074782_21401841.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-07-22 21:41 | ネコ(華ちゃん) | Comments(6)

名門

矢橋家は赤坂宿の旧家です。この家の方は「家庭画報」で拝見させて頂いたのみで、お目にかかったことはありませんが、私ども庶民とは違って、とても品格のある人々のように思いました。
e0074782_21174546.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2007-07-21 21:19 | 中山道(赤坂宿) | Comments(4)