自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

<   2006年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

お経の時間です。

みなさまこんばんは。華でございます。一昨日、昨日と大変お見苦しいところをお目にかけて、誠に失礼致しております。私も恥じることの無いように、猫として、寝ることと食べること、そして、脱走することを生き甲斐にして今日を生きているのです。しかし、御主人様の恩を忘れるものではございません。ですから毎晩のお経の時間にもこうして参加しているのです。(皆はお経を読んでいますが、華ちゃんは隅っこで寝転んで聞いているだけです)
e0074782_2243113.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2006-05-31 22:44 | ネコ(華ちゃん) | Comments(5)

夕飯の時間です

ハラ減ったぞ。早く御飯の支度をしろ!
e0074782_19591117.jpg

いつまで待たせるのじゃ、五時は過ぎたぞ!
e0074782_2005556.jpg

バカめっ!じらすんじゃねえ〜
e0074782_2045077.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2006-05-30 20:06 | ネコ(華ちゃん) | Comments(6)

お昼寝

みなさんこんにちは。お久しぶりだにゃあ、だけんどまだ眠いニャア〜
e0074782_20425498.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2006-05-29 20:45 | ネコ(華ちゃん) | Comments(9)

20ワットの蛍光灯を近所の大型電器店へ買いに行きました。(こんな物ぐらいはそこらの電器店でも間に合うのですが、そこらの電器店は廃業してしまいました。)また、大きな物を買うわけではないので、自転車で行きました。週末にチラシが入ったこともあって、店はにぎわっていました。駐車場も限りなく満車に近く、場所の取り合いをしている車がありました。最初にそこへ入れようとバック大勢をとった車と、それとは気づかず、後から来てさっと入れてしまった車があって、「オレが入れようとしてたんだ」!!!「はあ」??幸いそれ以上の喧嘩にはならず、場所をとられた人は、すぐ横に身障者用の場所がありましたが、さすがにそこに入れないで、しかし、いらつきながら他の場所を探しに行きました。車に乗ると、一般的に気が荒くなるみたいです。
e0074782_230364.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2006-05-28 23:12 | きまぐれに | Comments(6)

朝から予告するかのように小雨が2〜3回パラついていましたが、いよいよ本格的に降ってきました。明日は廃品回収日(最近は資源回収と言っています)小雨決行とありましたが、この分だと小雨でもなさそうです。まだ五月だというのに、梅雨入りか?天候不順で野菜の出来も悪いとか。ウチの玉葱はタマが大きくなる前にねぎ坊主が出来てしまいました。これは天候のせいではなく、元々苗が悪かったのだと思っています。じめじめしてもナメクジは元気いっぱいです。足がない割には動きは早く、しかも足跡まで残すから始末に悪いです。また、やぶ蚊は少しずつ精力が強くなってきました。やぶ蚊は、人間の毛細血管を素早く見つけて、麻酔をたらし、サッと針を刺すというベテラン看護師を凌ぐ高等技能の持ち主です。我々はこれから数カ月、これらの生き物と戦っていかねばならないのです。
e0074782_1917491.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2006-05-26 19:23 | きまぐれに | Comments(6)

杭瀬川

大垣の長江ともいうべき杭瀬川のサイクリングでした。普段水のあるところは幅10メートルぐらいですが、ひとたび大雨が降ると龍のごとく濁流となる「おそれがある」市の西部を流れる川です。
この看板は新幹線向けです。(上りに乗った場合、米原、岐阜羽島間で進行方向右側の窓から御覧になることが出来ます。ーーそれほどみなきゃあいけないもんではありませんが、、、)近くでしげしげと眺めるのは初めてです。塗料が塗ってあるのではなく、樹脂のようなものを切り抜いて貼ってあります。その樹脂の表面は六角型の細かい模様で覆われていました。
e0074782_209147.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2006-05-25 20:10 | 大垣散歩(あちこち | Comments(4)

朝長ルート(番外)

登り口付近に、人間でいえば高校生ぐらいに成長した竹の子がありました。瑞々しい感じで、さわりたいような、食べたいような気持ちですが、出来ないので写真に撮りました。
e0074782_10114812.jpg

ルートを出たところから北へ1キロぐらいのところにある、野外活動センターと称する広場です。キャンプなど出来るようですが、三味線の練習をするお兄ちゃんが一人いらっしゃいました。画面の奥、車の前です。
e0074782_10193431.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2006-05-23 10:22 | 大垣の公園 | Comments(9)

朝長ルート(4)

下りルート(私が勝手に命名しました)です。切り倒した樹などもう少し綺麗に始末してくれたらとも思わなくもありませんが、ナガい目で見ればいずれは朽ちるものなので、そう目くじらたてることもないかな。
e0074782_10101130.jpg

尾瀬よりもお金をかけた歩道のように思えます。マムシがいるから歩道以外のところは歩かないように案内が書いてありました。歩道以外のところは蛇道ということで、きれいな水が流れていて、マムシの生活適地です。
e0074782_1015549.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2006-05-22 10:17 | 大垣の公園 | Comments(12)

朝長ルート(3)

この散歩道は旧円興寺、朝長の墓を巡る周遊ルートになっていて、1.?キロかの手軽なコースです。木々に囲まれ、とてもゆったりした気分になれてよいと思うのですが、もう一つポイントがないために、人気がないように思うのです。せっかくの設備が勿体ないようにも思いますが、私が「独占」出来るからまあいいかというところです。
e0074782_10505267.jpg

この葉っぱは「うらじろ」というやつでしょうか?それならお正月の前に又来なきゃ。ははは。その時は一枚もなかったりして、、、。
e0074782_10545691.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2006-05-21 10:57 | 大垣の公園 | Comments(4)

朝長ルート(2)

写真は旧円興寺の門のあったところと「認定」された場所です。基礎の石の並び具合から判断したとあります。
ここの案内版に寄りますと、円興寺は延暦9年(790)最澄がここに立ち寄ってつくった。七堂伽藍がどうのこうのとあって、1574年、例によって、織田さんが燃やしてしまった。(延暦寺の焼き討ちは教科書にもありますが、こんな片田舎のお寺まで燃やすとはさすがに徹底しています)その後再建されたが、1652年、今度は雷で燃えた。そこで今度は、元々この場所は湿地だからということで、この山の西側に再建したとありました。山の頂上付近が湿地というのもおかしな話しだし、分かってたら、最初からそちらにたてればいいのになあと私は思ってしまうのです。西側に再建された円興寺は現存します。
e0074782_152323.jpg

朝長のお墓の入り口にある石です。お参りする人はここへ刀を置くことになっていたそうです。石には「刀」と彫ってありました。
e0074782_1544059.jpg

左から?右から?義朝、義平、朝長の墓です。私がお参りする前に芭蕉さんも来たみたいです。
「苔埋る蔦のうつつの念佛哉」
それから頼朝も来たと書いてありました。
e0074782_15125189.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2006-05-20 15:18 | 大垣の公園 | Comments(0)