自転車で行く小旅行


by tmshanagn304

カテゴリ:岐阜( 55 )

岐阜県美術館

e0074782_20483777.jpg
またやっちまったです。長い文章を書いたけど消えてしまいました。
岐阜県美術館で開催されている「身体のゆくえ」という企画展です。

[PR]
by tmshanagn304 | 2017-05-12 20:53 | 岐阜 | Comments(0)

食べ歩き

息子夫婦の招待で岐阜で食事会でした。
岐阜市六条のごちゃごちゃと込み入った道路を入った中の小さな和食レストランでしたが、とても美味しいお店でした。
e0074782_215342.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2017-04-16 21:05 | 岐阜 | Comments(4)

距離と時間

この頃は歳をとったせいか、以前に比べてさらにスピードが出なくなって来たように感じています。
前は付けていたメーターを「大凡分かるから良い」とばかりに今は外していますが、厳密に計ろうと思い、又、付けてみることにします。
e0074782_2182314.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2017-03-30 21:10 | 岐阜 | Comments(2)

早春

岐阜の梅林公園へ行って来ました。全体としてはまだ3分咲きですが、早いものはほぼ満開です。
華の一番人気は桜で,二番が梅、どちらも日本人の心を引きつける花です。
e0074782_20332090.jpg


e0074782_2033553.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2017-02-19 20:35 | 岐阜 | Comments(4)

長良川

岐阜市の北の方,ほぼ農村地帯、里山の雰囲気の中を走りました。
都市近郊の里山はゆったりとしていいですね。
e0074782_2014929.jpg

長良川も穏やかでした。
e0074782_2023274.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-12-07 20:03 | 岐阜 | Comments(2)

きまぐれ

長良川の堤防から岐阜市内を眺めたところ、公園か神社か,それとも個人の住宅からか銀杏の木が紅葉していました。個人の住宅の銀杏ならさぞ風流なオタクです。
ひょっとしたらそのお宅の奥様からは「落ち葉の始末に困るから切り倒して下さい」と毎年小言が出ているかもしれません。ご主人様は「お前には情緒というものが分からないのか』などと反論すれば、奥様は「掃除をする身にもなって下さいな」
ご主人「うるさい」
e0074782_21355992.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-11-23 21:39 | 岐阜 | Comments(2)

岐阜城(2)

昨日の続きです。
少し前(老人の少し前と言うのは2〜3年前のことです)標高600メートルの庭田山(二ノ瀬越え)を登ったとき、下山途中で膝を痛めて歩けなくなった前科があるので、今回もそれを警戒しながら、用心深く落ちていた枯れ枝を杖にして下山しました。そのおかげもあってかどうやら無事に下山出来ましたが、途中教えられたルートがとんでもないコースで、何だか分けの分からないところに下りて来ました。予定した場所(車を止めたところ)とは全く逆で、ヒマラヤ登山で,ネパール側に下りたつもりが中国側だったというようなもんで、周りを山に囲まれ,心細い思いをしていたところ幸いその場所にいた人に車で送って頂くという不始末をしでかしてしまいました。
金華山のような低い山でももう少し訓練が必要だと認識しました。
e0074782_20503260.jpg
e0074782_2050174.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-11-07 20:51 | 岐阜 | Comments(2)

岐阜城

信長がつくったという岐阜城をめざして金華山登山をしました。標高300メートルぐらいの山ですが、登山道はがたがたでとても登りにくい山でした。この山は堆積岩がぐにゃあ〜〜と隆起して、バームクーヘンを立てたような造りになっています。信長さんはこんなところによく城を立てたものです。(ありゃ,岐阜城を造ったのは斎藤道三だったかなあ、、)同じ登山者の中で「どうやって資材を運んだんやろう」と言っている人がいましたが、もっともな疑問です。いやいや今日,再建されたコンクリートの岐阜城でも「どうやって造ったんやろう」と考えてしまいます。ガタガタ道を登りながらひょっとしたらダンプが通れる広いアスファルトの道がどこかにあるんじゃないかと邪念を抱かざるを得ませんでした。
しかし,城からの眺めはすばらしかったです。ミシュランとかいう星屋さんも4つぐらい付けても申し分のない風景です。東は一宮、名古屋方面、西は伊吹山の滋賀県境まで見渡せて、立地としては城の適地を実感です。そして,今日の広い道路と行き交う車、住宅で埋まったご城下を道三、信長に見せたかったです。本日は日曜日、老若男女、幼児から後期高齢者まで大勢の人が登山に挑戦したいました。
e0074782_21272348.jpg
e0074782_2127794.jpg
e0074782_2126512.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-11-06 21:41 | 岐阜 | Comments(0)

講習会

明治期、日本とイタリアの近代国歌成立について、日本,イタリア,国交成立150年を記念しての講演会でした。
それがそのですねえ〜私は時間を間違えて、午後2:00からの開会を午前10:00と、さる事情により思い込んでいたのです。会場に着いたトタン,その雰囲気から「ありゃ」「こりゃ間違えたゾナ」ということに気づき、4時間をブラブラ過ごすことも出来ず、一旦大垣まで引き返したのであります。とんでもないミスでした。こんなミスは若い時はタマにしかなかったのですが、この頃は頻繁に発生しています。タマにギをつくりすぎた為、その影響かと考えております。[タマニ」が連続します。
e0074782_2254649.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-04-20 22:12 | 岐阜 | Comments(4)

ミケランジェロ

カテゴリーが岐阜で、題名がミケランジェロとはこれ如何に??
難しいことではありません.岐阜でミケランジェロについての講演会があったと云うことです。
暖かい部屋だったせいか、講演の間はとても眠むかったです。お話が面白いことは分かるのですが、それ以上に睡魔が勝っていました。時々目を覚ましメモを録り、いかにも聞いているふりをしながら1時間30分を過ごしました。講演が「ミケランジェロは同性愛者だった」ということからはじまったことは、何となく気持ちが悪かったのでハッキリと覚えています。
講演が終わった後は、長良川河畔で休憩。すっきりと睡魔を吹き飛ばして帰って来ました。
[PR]
by tmshanagn304 | 2016-03-04 22:09 | 岐阜 | Comments(2)