自転車で行く小旅行


by tmshanagn304
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:杭瀬川( 102 )

春めく

最高気温は15度の予報。寒くはないという程度。風がないので杭瀬川方面へサイクリングに出かけました。堤防から見える伊吹山は少し霞すみ、姿は見えませんがカラスの声に混じってウグイスが鳴いていました。それから珍しくキジのオスを見かけたので、ちょっと驚愕感動感激しました。
堤防のテンバには写真のような文字が書いてありました。最近書かれたようです。多分空から見た時の案内でしょう。これで揚子江と間違えることなく安心して上空を飛べるというものです。
e0074782_20201937.jpg


e0074782_20204411.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2017-03-13 20:28 | 杭瀬川 | Comments(2)

掘削

最近,杭瀬川の河川敷に新しい水路が掘削されました。何の為のものか分かりませんが掘削された水路は迂回して、又、本流に合流しています。一市民にとってどうでも良いことかもしれませんが,一度問い合わせてみようと思っています。
e0074782_2039177.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-11-04 20:39 | 杭瀬川 | Comments(2)

深まりゆく秋

ススキが光りに映えて秋深し。
一時期はセイタカアワダチソウに押されて命運は尽きたかに思われたススキも,このところその勢力を盛り返し、ここ,杭瀬川堤防もススキの復興で秋本来の風景を取り戻しています。気温もそれらしくなって夜になると半袖ではさすがに涼しいです。
飛騨方面では紅葉が始まってホワイトロード(白山)では「今が見頃」とラジオで盛んに訴えていました。紅葉前線はすぐに南下、濃尾平野もすぐ後を追うことになるでしょう。
e0074782_21451326.jpg
e0074782_21445739.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-10-21 21:50 | 杭瀬川 | Comments(2)

遊水池

これまで市内で最もその地形,住宅地の関係から治水が困難とされて来た箇所が解決したみたいです。
元々杭瀬川沿いの美濃路にそって並ぶ住宅地であった場所ですが、都市化が進んで大雨が降れば洪水が出る場所となっていました。そこで,誠に残念ではありますが、その地域の人にはお立ち退きを頂き、そこを遊水池として広く堤防で囲むという工事が施行されました。
美濃路の面影はほとんど無くなってしまいましたが、これで一応この地区の水害も解決されたものと思われます。住民の方もよく理解されたと思います、
明治13年につくられた常夜灯は歴史記念物として,河原にぽつんと残ります。
e0074782_20491317.jpg
e0074782_204923.jpg
e0074782_20484629.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-07-25 20:54 | 杭瀬川 | Comments(2)

珊瑚礁

堤防の天場は珊瑚礁のような白い砂、、、ではなく,ビルを解体した時に出るコンクリートのかけらを敷き詰めたものです。これでもそれなりに奇麗です。
e0074782_2016688.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-07-11 20:16 | 杭瀬川 | Comments(4)

杭瀬川スポーツ公園

杭瀬川河川敷につくられた公園です。川があって、森があってよく出来た環境ですが真夏の平日,日中ではほとんど人がいません。サッカー場,野球場、ソフトボール場もガラ〜〜ン、、、。草刈りの作業など、公園もその維持が大変です。
蓮池などもありますが、外来種の亀が泳いでいました。
ただ今午前10:30、この公園を独り占めしています。
e0074782_217978.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-06-28 21:11 | 杭瀬川 | Comments(4)

早春

杭瀬川堤防に1000本の桜を植えるという計画が進んでいます。一年では出来ないので、毎年1本ずつ1000年かけての計画、、ということはありませんが、それでも100本ずつでも10年はかかるという気の長いプランです。ソメイヨシノは寿命が短い為か、ここに植えられたものは寒桜、早春に咲くという品種です。それで早速この寒さの中を、立春が過ぎたということで健気にも春を告げるため、ピンクの花びらを咲かせているのです。しかし、誰も花見をする人はおりません。当然じゃ!!
この日本では人と違うことをすると抹殺されるのです。最も大衆的なソメイヨシノに同調するか、少なくてもエドヒガン桜などと行動をともにしてこそ桜となるのです。こんな寒い中で咲いたところで桜とは認めてもらえず、孤高に堪えねばなりません。もう少しみんなと協調して咲いて頂ければ、この木の周りは宴会のグループで盛り上がるものを残念なことです。どうしてこの品種を選んだのか尋ねてみようと思っています。
杭瀬川には、「支流」なるものもながれこんで、箱庭的ですが枯山水のような風景があります。お金は掛かりますが、公園としてさらに整備が進むことを期待しています。
e0074782_216386.jpg
e0074782_2152331.jpg
e0074782_2151120.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-03-12 21:09 | 杭瀬川 | Comments(0)

定例行動

6:30起床。
洗顔でパシっとしてからは毎日の決まり事のように、仏壇の花を替えたり、その他諸々の作業?を済ませて朝食です。ラジオ体操をするとよいと思いますがやっていません。朝ドラは見ています.今の朝ドラは面白いです。
朝イチは少しだけ見ます。今日の切り干し大根のお話は参考になりました。国会中継は見ません。見ていると午前中がつぶれてしまいます。
さらにお仕事を済ませて、1時間の朝練(自転車)。
午後は農作業を中心に17:00まで昼寝を含めて働きずめです。農作業中に近くの畑に草刈りにきた女性がいました。草刈り機に入れる燃料の蓋が開かなくて「途方に暮れていた」ので、私が開けてあげました。まだ男としての力は残っています。??
その女性は雑草が生い茂った畑を見ながら、「主人が死んで、息子はやらへんし、(息子には)嫁もあらへんでこんなもんです」などと話ておられました。国会中継よりリアルな日本の姿です。
e0074782_2145630.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-11-11 21:48 | 杭瀬川 | Comments(2)

秋風

このところ大垣は西風が強い日が続きます。強いといっても市内中心部ではそれほど感じませんが、少し郊外、西へ行くと、そこは渦巻く強風地帯です(少しオーバー)。杭瀬川の堤防はそれを遮るものはなく、自転車で走れば、(ウオーキングの場合も同じですが)もろに自然の脅威にさらされるのです(大分オーバー)
そんな中、この川沿いにある特別支援学校の生徒さんが、先生に付き添われて田んぼの中をランニングしていました。走ることを嫌がるそぶりをする生徒さんもいましたが、大凡は元気に走っていました。
どの行政範囲から受け入れているかは知りませんが、大勢の生徒さんでした。ざっと100人ぐらいかな、、。支援を受けなければならないお子さんが、これほどの人数とは驚きです。
彼岸花は盛りを過ぎ、少しずつ秋は深まります。
e0074782_21575111.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-09-30 22:04 | 杭瀬川 | Comments(4)

春の一日

4月になって,1年単位の請求書がどどどっと舞い込んで来ました。年金暮らしにとっては頭の痛いところですが、生きている限りは仕方がないものかと午前中は銀行や郵便局へ足を運びました。若い頃はまさか自分がこんなに年を取り、収入がなくなり、年金なるものに頼るなんて考えてもいませんでした。さらに身体にはどこも悪くないと思っていても、視力が衰えたり,ツメが縦に割れたり、静かに冥土が近づいています。
e0074782_21312855.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-04-17 21:33 | 杭瀬川 | Comments(0)