自転車で行く小旅行


by tmshanagn304
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:大垣の祭り( 40 )

大垣祭り

e0074782_22310233.jpg
江戸時代初期から続く大垣祭りです。昨年は国の重要無形民俗文化財。今年はユネスコの無形民俗遺産に登録されて,一段と重みが増したお祭りになりました。


[PR]
by tmshanagn304 | 2017-05-14 22:36 | 大垣の祭り | Comments(2)

大垣祭り

国の重要無形文化財に登録されて、報道に寄ると、この秋にはユネスコの文化遺産への登録が視野に入り、増々人出が多くなる大垣祭りです。今までは軽く見ていましたが、チョコッと目線を換えて見学せねばなりません。
e0074782_22393415.jpg
e0074782_22391820.jpg
e0074782_2239069.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2016-05-15 22:39 | 大垣の祭り | Comments(2)

水都祭り

大垣は地下水が豊富で、古くから紡績業は発達,又は誘致に成功てし水の都とノタマワっております。
今日ではその紡績業もほとんど撤退して,その跡地はスーパー、又は住宅地となっているわけですが、水の都の地位は変ることなく、(あるいは紡績業の撤退が幸いして)今日も町のあちらこちらでわき水の井戸を見ることが出来ます。そんなこんなでこの水への意識高揚と、水に感謝すべく夏には水都祭りが行われているのです。
本町通では七夕、駅前通りでは盆踊りなどが開催されますが,昼間のうだるような暑さの中では,雰囲気が今ひとつで人はほとんど歩いておりません。しかし、この暑さの中でも芭蕉記念館前の広場は盛況でした。お子様用のプールも設置され家族づれで大賑わいです。芭蕉記念館はこの為につくられたようなものです。??
ここでは大垣の友好都市、鹿児島からの出店がありました。私はそれに答えるべく、さつま揚げとなんタラというお菓子を買いました。きな粉をつけて食べよとありました。
e0074782_2264343.jpg
e0074782_2262014.jpg
e0074782_2255922.jpg
e0074782_2253354.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-08-02 22:07 | 大垣の祭り | Comments(2)

大垣祭り

はろの大垣祭りが9日10日と開催されました。本来は15日ですが、土日でないと山車を引く人がいないということで、15日に近い土日に行なわれております。
この度、大垣祭りが国の重要無形民俗文化財に指定され、その為か9日の場合で、例年より2万人多く12万人の人出と報じられております。(どうやって勘定するのか分からない)
私はこれまで大垣の山車は飛騨高山に比べると貧弱だと軽く見ていましたが,少し考えを変えなくてはなりません。
e0074782_223118.jpg
e0074782_2225720.jpg
e0074782_2224719.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2015-05-10 22:06 | 大垣の祭り | Comments(2)

10万石祭り

今年も10万石祭りがやってきました。10月12日、台風がくる前日に開催されました。大垣藩主、戸田家を祭る常葉神社のお祭りで、神社の御神輿から、市内の各企業、学校、団体などの御神輿パレードがありました。
露店なども列んで、お祭りは楽しいですね。
e0074782_2159334.jpg
e0074782_21585748.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2014-10-14 22:00 | 大垣の祭り | Comments(4)

大垣祭り

今日と明日は恒例の大垣祭りです。
江戸時代から続くお祭りで近郷からも大勢の見学客がお見えになります。祭りの山車はアマチアカメラマンの格好の題材です。カメラをぶら下げた中高年の方がよいアングルを求めて動き回っていました。戦災で消失したものが最近になって再建された山車もあります。漆が塗ってないものがそれです。
最後の写真はリヤカーに幕を撒いただけのような素朴な山車ですが、これはこれで伝統ですから毎年出演しています。これでも暗くなって提灯で飾れば結構なものです。
e0074782_20203414.jpg
e0074782_20205171.jpg
e0074782_2019501.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2014-05-10 20:26 | 大垣の祭り | Comments(2)

10万石祭り

大垣藩主戸田家の守り神,常葉神社の祭礼が発展して,商工会議所が主催して行なわれる秋の祭りです。その常葉神社とは下の写真です。この神社の近くで今日の夕方、もちまきがありますから,そのときは人が集まりますが、積極的にお参りする人は少数です。
e0074782_1759056.jpg

駅前通りでは,賑やかに御神輿などのパレードが行われました。伝統的な御神輿は勿論,各企業さんが工夫した斬新な御神輿も数多くありました。
e0074782_1854093.jpg
e0074782_1845847.jpg
e0074782_1844089.jpg

コンパクト神輿は担ぐのに楽でいいです。
e0074782_187209.jpg

伝統的な縦長の旗は日本的で格好いいです。
e0074782_18101481.jpg

寿司吉さんの前を通ったら,カラの屋台だけがありました。今日も儲かったようです。
e0074782_18165811.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2013-10-13 18:18 | 大垣の祭り | Comments(2)

大垣祭り

今年も大垣祭りの日になりました.今日はよい天気に誘われてスゴイ人出でした。
戦災で燃えてしまった山車も再現されたようです。江戸時代の初期から続いている光景が目の前にあることが何となく不思議な気分です。
e0074782_1823310.jpg
e0074782_182467.jpg
e0074782_1811357.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2013-05-12 18:02 | 大垣の祭り | Comments(2)

大垣祭り

この頃は地元の歴史研究の成果が一般市民にも浸透して、大垣祭りが慶安元年から始まっていることが知れ渡っています。約400年の歴史があるわけです。400年前の人も今日と同じような光景を眺めていたのです。13両あった山車は太平洋戦争の空襲でそのうちのいくつかが燃えてしまって、(数字は忘れました)数年前に1両が再建され,今年はさらに2両?が再建され、元の13両全てがそろったのです。
再建された山車はまだ白木のままですが、数年後には漆が塗られて完成ということになります。
再建に当たっては大垣市からも多額の補助金が出されたそうで、大垣市のこの祭りにかける意気込みが伝わってきます。皆が楽しめばそれも有効に役立ったお金ということになります。
露店ではお好み焼きとか焼きそばとかの定番から,数年前に流行したメロンパンはなくなって、あめ細工の古典的なお店が人気でした。創ってる人はおじいさんではなくてややイケメンの若いお兄さんでしたよ。(若いときは,毎年,見学しながら大垣祭りにそれほどの興味を持ちませんでしたが、この頃は、見ないことには落ち着かないと言うか、無国籍市民のような気分になってしまうのです)
e0074782_2227298.jpg
e0074782_22263174.jpg
e0074782_22254425.jpg
e0074782_22253030.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2012-05-13 22:33 | 大垣の祭り | Comments(8)

綾野祭り

大垣市綾野町、大垣市でも南西の郊外にある地区です。市内の一地区でこれほど豪華な祭りは知りません。山車を5両も持っています。露店も並んでいます。地域の結束がカタいということだと思いました。たいやきのお店では1つで100円,3こで300円、10こで1000円という実に分かりやすい値段設定と案内です。買おうと思いましたが、財布を持っていませんでした。
e0074782_20483419.jpg
e0074782_20482177.jpg
e0074782_20487100.jpg

[PR]
by tmshanagn304 | 2011-10-08 20:49 | 大垣の祭り | Comments(0)